マキタのBluetoothスピーカー、最大10台接続で野外BGMが捗りそう

  • 7,639

  • author 岡本玄介
マキタのBluetoothスピーカー、最大10台接続で野外BGMが捗りそう
Image: AV Watch

現場に響く上質サウンド。

電動ドリルや丸ノコ、コーヒーメーカーまで互換性のあるバッテリーをつけ替えて使えることでおなじみのマキタ。今回発表されたのはBluetoothスピーカー「MR203」です。もちろんマキタのバッテリーで動かせますし、2台用意して接続するとステレオ再生ができるみたいですよ。

最大10台までつなげられる

この新型スピーカーには「True Wireless Stereo」という機能が搭載され、有線もしくはBluetoothで2つのMR203をつなぐと、ステレオ再生できます。またダブルモードに切り替えれば、最大10台までを接続でき、それぞれが同時に同じ音を再生することも可能。

たとえば運動会で複数台を同期させれば、時差なくオクラホマ・ミキサーが踊れるかもしれません。

191203_makita2
Image: 株式会社マキタ

「MR203」にはイコライザー機能もあり、FLAT、JAZZ、ROCK、NEWS、POP、CLASSICの6つのプリセットがあるほか、低・中・高音域を±6段階調節できるので、自分で好みの音を作ることもできます。

本体のには曲名とアーティスト名を表示するカラー液晶も搭載。また、スマホを収納する空間もあります。おもしろいのが、この携帯機器収納ボックスの中で音を共鳴させて重低音を実現するという点。爆音でその効果を体験してみたいですね。

マキタ製充電池が使える

給電は付属のACアダプターのほか、別売のマキタ製リチウムイオンバッテリー(18V/14.4V/スライド式10.8V)でも動きます。この充電池がいくつもあれば、現場にて電源に縛られずにBGMを楽しむことが可能になるワケです。そのままバッテリーを電動工具につけ替えて、作業の続きをどうぞ。

ついでにMR203の側面にあるUSB端子から、スマホなどの充電もOKということなので、避難所などでも重宝しそうです。

色はお馴染みの青と黒で価格は1万9800円。作業現場での使用に耐えられるほどタフなスピーカーなので、インドアで使うのはもったいないかも?

Source: AV Watch, 株式会社マキタ

MR203 ほしい?

  • 0
  • 0
マキタ

    あわせて読みたい

    powered by