いわゆる“ドローン”とは違う。スマホで飛ばす複葉機が楽しそう!

  • 13,848

  • author 岡本玄介
いわゆる“ドローン”とは違う。スマホで飛ばす複葉機が楽しそう!
Image: TobyRich/YouTube

意のままに操れる紙飛行機みたいな感じ。

近年流行のドローンは一般的には片手、もしくは両手で抱えられる程度のサイズで、複数のプロペラがあって空中を上下左右、自在に飛び回れるマルチコプターのことを指します。

もちろんそれはそれで楽しいのですが、一周回ってラジコンのような複葉機型の無人航空機「Moskito」が、妙に懐かしいアナログ感を醸し出していて、童心に帰って楽しめそうなんです。

Video: TobyRich/YouTube

レオナルド・ダ・ヴィンチもそうでしたが、やっぱり人類は大空を滑空するものに憧れを抱くんですかね? 一昔前なら「ふーんラジコンじゃん」って思っただろうと思いますが、クワッドコプターにない魅力が改めて新鮮に感じます。空を飛ぶのはステキなことだと思わせてくれる!

スマホによる直感的な操作

動画でもありましたが、この「Moskito」はスマートフォンによる傾きのジェスチャーで操作します。本体には、スマホの画面に貼り付けるジョイスティックも同梱されており、スマホの傾きとジョイスティックと2種類のモードを変えて、カンタンに直感的にこの複葉機を操縦することが可能になります。スマホ(Bluetooth)で操縦できる範囲は最大60m

作っているのは、ベルリンのTobyRich社。公式サイトいわく、「Moskito」は超耐衝撃性素材で出来ているため、本体が衝撃に耐えられるだけでなく、ぶつかった物への被害も最小限に抑えるよう考えられているとのこと。動画ではわりとゆっくり飛んでいましたが、高速飛行もできるようです。

充電時間は約20分で、飛行時間が約12分。あのスリムなボディーで12分も飛べるのは、固定翼のエネルギー効率の高さがあってこそじゃないでしょうか。

191213_moskito2
Image: TobyRich

お値段もお手軽

お値段は49.99ユーロ(約6,100円)とリーズナブルな価格帯かと思います。米Amazonでは現在売り切れ中でしたが、bOinGbOinGでは期間限定で42.99ドル(約4,700円)となっていました。この価格帯で日本でも発売してくれるといいなぁ。

Source: YouTube via bOinGbOinG (1, 2), TobyRich (1, 2, 3), Amazon

Moskito ほしい?

  • 0
  • 0
TobyRich

シェアする

    あわせて読みたい