保護活動の成果アリ。絶滅危惧種のマウンテンゴリラが、また少しずつ増えてきた!

  • author George Dvorsky - Earther Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
保護活動の成果アリ。絶滅危惧種のマウンテンゴリラが、また少しずつ増えてきた!

10年前は、たった680頭でした。

絶滅危惧種の保護に取り組むファウナ&フローラ・インターナショナルによって発表された最新の調査によると、野生マウンテンゴリラの総個体数はいまや1063頭となりました。依然として少ないことは事実ですが、保護活動の成果が着実に出ていることがわかります。

調査は、マウンテンゴリラが生息する世界でたった2つの地域のひとつである、ウガンダのブウィンディ地域(Bwindi)、隣接したサランブエ自然保護区(Sarambwe Nature Reserve)で行なわれました。

カリフォルニア大学デービス校がプレスリリースで発表したところによると、同地域のマウンテンゴリラの個体数は現在459頭で、2011年よりも59頭増えています。数年前に行なわれた調査では、もうひとつのマウンテンゴリラの生息地である、コンゴのヴィルンガ(Virungas)地域で604頭の個体数が確認されているため、合計で1,063頭いると考えられています。

個体数の測定は、訓練を受けた75人以上の人たちによって行なわれました。また、同プロジェクトはファウナ&フローラ・インターナショナル、世界自然保護基金(WWF)、コンサベーション・インターナショナルなどのパートナーを含む、国際ゴリラ保全プログラム(IGCP)によってサポートされています。

国際自然保護連合(IUCN)は、マウンテンゴリラが昨年には1,000頭に達したことを受けて、深刻な危機を示す「近絶滅種」から、危機を示す「絶滅危惧種」にステータスを変更しました。なお、近縁であるヒガシゴリラは、いまなお「近絶滅種」のままです。

ファウナ&フローラ・インターナショナルでシニアディレクターを務めるMatt Walpole氏はプレスリリースで次のように表明しています。

今回の調査結果はグッドニュースであることに間違いありませんが、マウンテンゴリラはいまだ絶滅の危機に晒されています。

脅威に対して油断することなく、また観光などのリソースがマウンテンゴリラや地域社会に適切に向けられるようにすることで、これまでに達成された成果を積み上げることが重要です。

現在マウンテンゴリラが直面している脅威には、生息地の確保、気候変動、市民暴動、人間が媒介する病気の蔓延などがあります。なかには、ほかの動物を捕えるために仕掛けられた罠に、ゴリラが引っかかってしまうリスクもあります。ファウナ&フローラ・インターナショナルの調査チームは、こうした罠が、去年とほぼ同数である88件発見されたことを明かしています。

今回の調査では、ゾウやチンパンジーの個体数の増加も記録されました。こうした喜ばしいニュースは、遺伝的多様性の危機に直面している種にもアプローチできる可能性を示しています。たとえばゴリラに関連する絶滅危惧種のなかでも「Grauer’s gorilla」とよばれる種などは、遺伝的多様性が低く、感染症の予防能力が低いことで知られています。

マウンテンゴリラの個体数が増加したことは、保護活動の意義を明確に示すいっぽうで、特に政府機関、自然公園の管理者、観光産業、地域コミュニティなどにとっては、まだまだ改善の余地が多くあることも指摘できます。

    あわせて読みたい

    powered by