iPhoneより勢いよく売れまくってるものって? スマホの次のヒットカテゴリーが急上昇中

  • 32,355

  • author 湯木進悟
iPhoneより勢いよく売れまくってるものって? スマホの次のヒットカテゴリーが急上昇中
Photo: ヤマダユウス型

とうとうスマートウォッチ主流に?

日本でスマホのユーザー数がガラケーユーザーを超えたとき、すでにApple(アップル)のiPhoneの快進撃は落ち着きを見せ始めていました。では、同じように、スマートウォッチをはめる人が、普通の腕時計の利用者数を超えたり、ワイヤレスのイヤフォンを使う人が、普通の有線のヘッドセットユーザーを上回ったりする時代って来るのでしょうか? しかもApple製品の影響で…。

このほどBGRは、そんな時代の波が、もうそこまで迫っている調査データを紹介しています。IDCが発表した、世界のウェアラブル製品市場の推移を示す「IDC Worldwide Quarterly Wearables Tracker」によると、今年第3四半期(7~9月期)のAppleのウェアラブル製品出荷台数は、なんと前年同期の3倍近い2950万台となりました。この1年で、Apple WatchAirPodsの販売が急速に伸び、たとえiPhoneの販売が停滞したとしても、次なるAppleの稼ぎ頭になる日も遠くはないとされていますよ!

huawei-watch-GT2f
Photo: 小原啓樹

なお、スマートウォッチが勢いづいていることを示す別のデータとしては、Apple Watchを追う、ほかのメーカーも軒並み前年同期比で大きく出荷台数を伸ばしたことにも表われています。Samsung(サムスン)Galaxy Watchをはじめとするウェアラブル製品は、前年同期の2.5倍を上回る830万台を出荷しました。

なによりも、この調査で最大の躍進を見せたのは、前年同期比3倍超を達成したHuawei(ファーウェイ)でしょう。Huawei Watchシリーズって、まだ日本国内では物珍しかったりするかもしれませんけど、とりわけ中国での売れ行きは目をみはるものがあるそうです。米中貿易戦争のあおりを受け、いろいろ厳しい状況にさらされたわりには、Huaweiの同市場での成長ぶりも意外な驚きでしょうかね?

20191029-fitbit-alphabet-top
Image: かみやまたくみ

一方、大半のメーカーが、ぐんぐんと販売数を伸ばしているのに、なんとも元気がなかったのがFitbit。ほぼ前年同期と同じ350万台の出荷台数にとどまり、どんどんとライバルに抜かれて、市場シェアは世界のウェアラブル製品全体の4.1%まで落ち込んでしまっています。Google(グーグル)による買収案で、これからの巻き返しを期待する声もあれば、先行きに不安を感じてユーザー離れすら起きているみたいでした。このままで終わってほしくはないものですけれど。

Source: BGR

スマートウォッチ ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by