2020年のスマホ、Snapdragon 865チップで何が変わる?

  • 29,751

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
2020年のスマホ、Snapdragon 865チップで何が変わる?
Image: Qualcomm

スマホ新境地へ!

いまだ搭載製品の発売こそないものの、いよいよQualcomm(クアルコム)が、モバイル向けSoCの最新版となる「Snapdragon 865」の詳細を明らかにしました。実際にSnapdragon 865の性能を最大限に引き出せるスマートフォンが出るかどうかは別にして、このチップが秘める最強パフォーマンスの実体に迫ってみることにいたしましょう。

5GとWi-Fi6を標準装備

191216sd865b
Image: Qualcomm

いまや時代は5G通信へと一斉に動いています。当然ながら、Snapdragon 865は、5Gのサポートも抜群ですよ。

同時にリリースされた「Snapdragon 765」ならびに「Snapdragon 765G」が、チップに5Gモデムを統合し、省電力化を図っているのに対して、Snapdragon 865はパフォーマンス重視。5Gモデムチップの「X55 5G Modem-RF」を別途に組み合わせて、最速で7.5Gbpsの5Gデータ通信に対応しているそうです。Snapdragon 765Gに統合されている「Qualcomm X52」の5Gモデムでは、最速でも3.7Gbpsの通信速度なので、実に倍以上の高速仕様というわけですよね。

Snapdragon 865は、mmWaveSub-6ネットワークを、スタンドアロン(SA)ならびに非スタンドアロン(NSA)モードの双方でサポートしており、数々の省電力およびキャリアアグリゲーション技術が採用されているみたいです。すでに5Gの商用サービスが提供されている米国などでも、まだ実際に体感できるデータ通信速度はせいぜい1.5Gbps程度とのことですけど、7Gbpsを超える高速通信がモバイルで利用できる可能性を秘めているのは、本当にすばらしい進化ですね。

5G通信のみならず、Snapdragon 865では、Wi-Fi 6の規格が標準でサポートされているほか、Bluetoothヘッドフォンで、よりクリアなサウンドを実現するスーパーワイドバンド(SWB)も体験できるようになるようです。Fast Connect 6800でのBluetoothペアリングや「aptX Adaptive」ならびに「Qualcomm True Wireless Stereo Plus」といった技術を組み合わせて、バッテリー消費量を抑えつつ、音質の向上が図られたとのことですよ。

よりパワフルに、より省電力に

191216sd865c
Image: Qualcomm

Snapdragon 865が採用した「Kryo 585」のCPUと「Adreno 650」のGPUにより、これまで主力だった「Snapdragon 855」チップと比較して、最大で25%のパフォーマンス向上が達成されたと説明されています。AIエンジンは第5世代になり、これまでの倍の処理性能となりました。省電力性能は35%向上しています。これは改良された「Hexagon Tensor Accelerator」の性能によるところが大きいそうですね。

なお、もっとユーザーの目に見える部分での改良点としては、まるでデスクトップマシンのようなゲームエクスペリエンスを実現するという、144Hzリフレッシュレートのディスプレイがサポートされていることが挙げられるでしょう。Qualcommの提供する「Game Color Plus」機能と相まって、まるでゲーミングディスプレイモニタでプレイしているような感覚を、スマートフォンの画面で実現してくれるんだとか。

さらに、Snapdragon 865の「Spectra 480 ISP」によって、8K動画フルHDRカラーにて4K動画を撮影できるようになります。これはカメラ性能でいうなれば、なんと2億画素の写真を撮れるようになる性能の実現を意味しているそうですよ! すでに1億画素を超える高性能カメラのスマートフォンが話題となっていますけど、来年は、このトレンドがさらに加速し、2億画素に迫る美しいスマートフォンカメラの時代がやってきたりもするのでしょうか?

年明けから続々となされるであろう、Snapdragon 865を搭載した新製品の発表ラッシュが、とっても楽しみですよね~。

    あわせて読みたい