なんで『アバター』の続編を作るのにこんなに時間がかかるの?ジェームズ・キャメロンによると...

  • 40,430

  • author Germain Lussier - Gizmodo io9
  • [原文]
  • 岡本玄介
なんで『アバター』の続編を作るのにこんなに時間がかかるの?ジェームズ・キャメロンによると...
Image: Fox via Gizmodo US

パート4まで一気に撮影していたんですって。

2019年12月18日は、映画『アバター』の10周年記念日です。映画史上2番目に高い興行収入を記録したこの作品。もう一昔前のことなのですが、皆さんまだ憶えておられますでしょうか?

そうです。あの青い人たちが出てくる映画です。続編が作られることなく10年が経過し、このあいだ撮影現場の写真が公開されていましたね。その続編ですが、出るのはまだ2年先なのだそうです。

監督が製作の苦労を語る

VARIETYでの新しいインタビューの中で、脚本・監督のジェームズ・キャメロンが数字を使った説明をしています。

人々はプロセスの範囲と複雑さをあまり理解していません。

これは、あたかも2.5本分の大作アニメ映画を作るようなものなのです。標準的な大作アニメ映画の製作には大体4年ほどかかるため、それを計算すれば、われわれは2021年12月公開のスケジュールにほぼ沿っていることになります

自身の作品を「アニメ」と呼んでいるのは、ほとんどがモーション・キャプチャーのCGだからなのでしょう。しかし2.5本はどういう意味なのでしょうか? 製作中の『アバター』続編は4作品です。4本。それが全部で映画2.5本分に相当ということでしょうか? それとも1本がそれぞれ2.5本分? これは次のコメントで説明されます。

2013年から現在まで、私たちは主に4本の新作映画に渡る世界感をデザインしてきました。我々は、4本の映画すべての脚本を書き終えており、私たちはそれらに配役し、2作目と3作目、そして4作目の冒頭部分の演技をキャプチャーしています。俳優の演技はほとんど終わっています。

そして春に数カ月ほどニュージーランドに滞在する予定なので、予定通りに進んでいます

壮大過ぎる計画

『アバター2』は2021年に公開予定で、後続の作品は2023年、2025年、2027年と2年置きに公開されます。これは製作が始まってから14年後のことであり、監督が言う2.5年とかそういう次元ではなくなってきます。ですがこれで、私たちはザックリと進捗状況が把握できました。ファンにはそれが今もっとも重要なことなのです。

これら4本の映画は、ほとんどの映画よりもはるかに多くのことが舞台裏で進行しています。そして、すべてがひとつの大きな物語なので、監督は全作品を前もって揃えていたかったのです。最近の映画はひとつ前の作品の評判に左右されて続編を作ることも多少ありますが、そのように1本ずつ作ることはしたくなったワケですね。

せっかくなので見直してみよう

『アバター』が10周年を迎え、次回作がほぼピッタリ2年後に控えているので、たまに1作目を見直すのも良いかもしれません。『アバター』は文化的な一里塚になり損ねましたが、好き嫌いに関わらず、どれほど野心的で壮大なのか、もし忘れていたら思い出してみてはいかがでしょうか?

Source: VARIETY

    あわせて読みたい

    powered by