Xiaomiの日本第一弾スマホは、1億800万画素5眼カメラ搭載で5万円台だ! スマートバンドとバッテリーも

  • 29,366

  • author 三浦一紀
Xiaomiの日本第一弾スマホは、1億800万画素5眼カメラ搭載で5万円台だ! スマートバンドとバッテリーも
Photo: 三浦一紀

期待通りのモンスタースマホでした(いろんな意味で)。

本日、中国の家電メーカー「Xiaomi」(シャオミ)が日本上陸。新製品発表会が開催されました。日本参入第一弾製品は何なのか、とても興味津々で我々ギズモード編集部も発表会に出陣。発表の瞬間を待っていました。

そして、日本参入第一弾製品として発表されたのがスマートフォン「Mi Note 10」です。

191209xiaomi-mix-02_1280
Photo: 三浦一紀

ざっとスペックを見ていくと、6.47インチの3D曲面有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載。解像度は2,340×1,080ドット。画面内指紋センサーを搭載しております。

まあ、それだけなら「画面がきれいで指紋センサーが使える今どきのスマホ」なんですけど、それだけじゃないんですよ。

191209xiaomi-mix-03_1280
Photo: 三浦一紀

まず、カメラ。世界初の1億800万画素のカメラが搭載。なんですか1億800万画素って! iPhone 11 ProとかPixel 4は1,200万画素よ! そのカメラで撮影された写真をズームするデモを見たんですが。どこまでズームをしても高精細なんですよ。

191209xiaomi-mix-04_1280
Photo: 三浦一紀
撮影時に「108M」モードを選ぶと1億800万画素で撮影できる。

1億800万画素というモンスター画素数でどんなことができるのか。プレゼンでは、撮影した写真から好きな部分をクロップして、いくつもの写真(ストーリー)を生み出すことができると説明していました。1億800万画素もあれば、1枚の写真からいくつものシーンを切り取って、違うストーリーを作り出せるというわけです。その説明を聞いたときに、「なるほど!」と思わず膝の靱帯を傷めるくらい叩いちゃいましたよ。

191209xiaomi-mix-05_1280
Photo: 三浦一紀

それだけじゃないんですよ。その1億800万画素のメインカメラを含め5台のカメラが搭載されています。

191209xiaomi-mix-06_1280
Photo: 三浦一紀
背面に並ぶ5つのレンズ。その隣にはソフトライトとフラッシュが搭載されている。

内訳は、125mmの10倍望遠ズーム(500万画素)、50mmのポートレートレンズ(1200万画素)、13mm相当の超広角レンズ(2000万画素)、そして最短2cmまで寄れるマクロレンズ(200万画素)。これに1億800万画素のメインレンズですから、もう怖いものなしって感じですね。カメラモンスターですよ、このスマホ。

ちなみにインカメラは3200万画素で、AIによるビューティーモードやセルフィーモード、シーン検知などのほか、パノラマ撮影や手のひらをかざすと3秒後にシャッターが切れる「手のひらシャッター」といった機能も搭載されています。

そのほか、4Kビデオ撮影や強力なスタビライザー機能、手軽にかっこいいビデオクリップが撮影できるVlogモードなどが搭載されており、動画も存分に楽しめます。

191209xiaomi-mix-07_1280
Photo: 三浦一紀
この曲面のおかげなのか、グリップ感が高い印象。手になじみやすい。

本体のデザインもすっきりしていますし、持ったときのグリップ感もグッド。特にとがったところはありませんが、飽きの来ない、長く使えるスマホという印象でした。

191209xiaomi-mix-08_1280
Photo: 三浦一紀
3.5mmヘッドホン端子がある。これは地味にうれしい人も多いのでは。

まあ、これだけの機能が付いていたら「お高いんでしょう?」と思うかもしれませんが、そこはXiaomiですよ。

191209xiaomi-mix-09_1280
Photo: 三浦一紀

なんと、RAM6GB+ストレージ128GBのモデルが5万2800円! そしてRAM8GB+ストレージ256GBの「Mi Note 10 Proが6万4800円です!! (いずれも税別)

1億800万画素のカメラを搭載したスマホが5万円台ということに、会場が一瞬ざわつきましたね。これがXiaomiのやり方か…、クッ…。

安い安いとは聞いていましたが、ほんとにお安いんですね。

販売はAmazon.co.jpとなっており、予約はすでに開始しております。出荷日は通常のMi Note 10が12月16日、Mi Note 10 Proが12月23日となっております。

活動量計とモバイルバッテリーも激安でした

そのほか、ガジェット系として発表されたものが2製品あります。まずは活動量計「Mi スマートバンド4」です。

191209xiaomi-mix-10_1280
Photo: 三浦一紀

最新のフルカラーAMOLEDディスプレイ(120×240ドット)を搭載したブレスレット型活動量計。ディスプレイはかなり見やすくなっています。

191209xiaomi-mix-11_1280
Photo: 三浦一紀

本体の重さは22.1g。ここまで軽いと、着けていることを忘れてしまいそうです。バッテリーの持続時間は最大20日。タフなやつです。もちろん、iOS/Android対応の専用アプリ「Mi Fit」アプリと接続すれば、記録されているアクティビティデータを参照可能。

通話やメッセージ、各種SNSなどの通知、アラーム、音楽コントロールといった機能も搭載。活動量計に必要な機能は一通り揃っているという感じです。

そして、価格は3,490円(税別)。こちらもAmazon.co.jpで発売されます。現在予約受付中で、12月23日発売予定です。


191209xiaomi-mix-12_1280
Photo: 三浦一紀

もう1製品が「Mi パワーバンク3」です。

191209xiaomi-mix-13_1280
Photo: 三浦一紀

こちらは10,000mAhの大容量モバイルバッテリー。USB-A出力ポート×2、2-in-1 USB-Cポート、マイクロUSB入力ポートを搭載。デュアル入力、デュアル出力に対応しています。最大出力は18Wです。

191209xiaomi-mix-14_1280
Photo: 三浦一紀

やや大柄ですが、薄くて軽いのが特徴。本体はブラックとシルバーの2種類。1,899円(税別)です。安いなおい…。Amazon.co.jpで年内に販売される予定です。

ということで、以上ガジェット系3製品をご紹介しました。いやー、Xiaomiは安いとは聞いていましたが、ここまで価格で殴ってくるとは…。しかも、ただ安いだけじゃなくて、ちゃんと性能もしっかりしているところがすごい。

Xiaomi恐るべし、ですな。

Video: ギズモード・ジャパン/YouTube


Mi Note 10・Mi スマートバンド4・Mi パワーバンク3 ほしい?

  • 0
  • 0
Xiaomi

シェアする

あわせて読みたい