オーストラリアの年間二酸化炭素排出量、森林火災のせいで倍増する模様

オーストラリアの年間二酸化炭素排出量、森林火災のせいで倍増する模様
Photo: Getty メルボルンでは、煙のせいでまだ息をするのも大変

NASAは1ヶ月間前、オーストラリアで起こった森林火災で2億5000万トンの二酸化炭素が大気に排出された推定していました。これは同国の年間CO2排出量の半分に近い量です。火災はその後も勢いを増して、悪化の一途をたどっています。全球火災放出量データベースの研究者らによる最新のリサーチでは、山火事による二酸化炭素排出量は9億トンになりそうだとBloombergが報じました。

つまり、一連の火災が同国の温室効果ガスの年間排出量を倍増したということ。そして今回の森林火災自体が一国だとしたら、日本とドイツに挟まれ、世界で6番目の排出大国になるほどです。

木々や他の植物は通常、空気中の二酸化炭素を取り込み、幹、枝、根さらには土壌にとどめておく炭素蓄積の貴重な資源です。しかしそれらが燃やされると、貯め込んでいた二酸化炭素は空気中に排出されてしまいます。その二酸化炭素が地球をさらに温め、さらなる温暖化と火事のリスクという壊滅的なフィードバック・ループを作り出します。

実際の二酸化炭素排出量は6.5〜12億トンの見込み

全球火災放出量データベースの研究者らは、今季のオーストラリア山火事の二酸化炭素排出量は9億トンと推定していますが、実際の排出量は6.5億トンから12億トンの間になるだろうとBloombergは報じています。しかしそんなに差が広くても、これは観測史上最も二酸化炭素を排出したオーストラリアの山火事シーズンだと研究者らは確信しています。

待ち望まれていたにようやく恵まれましたが、全ての火災を消すには充分ではありません。月曜時点で、未だに80以上の火災が続いています。

山火事は9月から続いています。これまでのところ、少なくとも30人以上が亡くなり、2640万エーカーの土地が燃え尽くされ、2,000棟以上の家屋が破壊されました。世界遺産のブルー・マウンテンズのほとんどの森林とゴンドワナ多雨林群の大半が破壊され、10億匹以上の動物が犠牲になり、公衆衛生における緊急事態が引き起こされ、アボリジニ社会は完全に破壊されたのです。

オーストラリア最大の鉱山企業BHPでさえ、森林火災からの煙のせいで機器の操作が困難になって石炭産出量が下がったと語っているので、少なくとも因果応報はあったということでしょうか。

記録的な乾燥でまた火事が起きる可能性も

こういった山火事は気候変動のせいで加速しています。2019年は、観測史上最高気温が更新されました。同国は記録的に乾燥もしていて、植物はいつ燃えてもおかしくなく、炎がまた上がるかもしれません。

こんな状況にかかわらずスコット・モリソン首相は、事態がさらに制御不能になる前に危機に沿った気候政策を導入しろという党内の(そして市民からの)批判に耳を傾けていません。緊急自体だわからせるために、他にどんな証拠がいるというのでしょう?

Source: Bloomberg, EDGAR, bbc, the Guardian, New York Times,

    あわせて読みたい

    powered by