ベテルギウスがめっちゃ暗くなってる。何が起きてるの?

  • 67,713

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 山田ちとら
ベテルギウスがめっちゃ暗くなってる。何が起きてるの?
温玉……あらため、ベテルギウス

爆発の予兆でしょうか。

冬の空にひときわ明るく輝くベテルギウス…のはずが、過去最低レベルまで暗くなっているそうで、SNSやメディアもこの明るくない話題に沸騰中です。

実はベテルギウスはもう一生の終わりに近づいているそう。そして星の一生の終わりといえば、爆発と決まっています。

ベテルギウスがこのまま超新星爆発してしまうのかが気にかかりますが、難しい話は後回しにすると、おそらくその可能性は低いでしょうとのこと。もともと変光星といって星の明るさにゆらぎが生じる性質があるので、明滅しているのもそのせいかもしれないそうです。

脇の下の明るいヤツ

ベテルギウスはオリオン座の右肩に当たる星です(いつぞや「巨人の脇の下」って意味だと教わりました)。おおいぬ座のシリウスと、こいぬ座のプロキオンとともに冬の大三角を形成しており、昔からその明るさで迷える民を導いてきました。

赤色超巨星に分類にされるベテルギウスは、我らが太陽の約20倍の質量を持っているとされています。半径は、実に太陽の900倍。もし太陽の代わりに、このベテルギウスが太陽系の中心にあったとしたら、水星・金星・地球と火星はすべてのみ込まれてしまうほどの大きさです。

1000万年という、星としては比較的若い年齢なのにも関わらず、その赤い色からしてすでに星の一生の終わりに差しかかっていることがわかっていました。そのため、ベテルギウスはいずれ超新星爆発を起こすだろうと天文学者たちに予想されています。

太陽系の近くで超新星爆発が起こったらどうなるのか。ベテルギウスは崩壊するかもしれませんし、月よりも明るい輝きが空に何週間にもわたって映し出されるのかもしれません。

でも、ご安心を。地球にまったく害はないですし、まだしばらくは起こらなさそうです。

ベテルギウスの憂鬱

ベテルギウスは数年前から明るさが落ちこんできており、天文学者の間で話題にのぼっていました。さりとてベテルギウスは変光星。夜空で4番目の明るさを誇るアルクトゥルスと同じ0.0等級から、火星よりもちょっと明るいぐらいの1.3等の間を移ろっています。もともと明るさにゆらぎが生じる星なのです。

しかし、今年の10月に始まった明滅はいまだかつてない速さでした。あっという間に夜空の明るい星トップテンの座から転落してしまい、現在では観測史上最低の明るさにまで落ち込んでいます。

この暗さは差し迫った超新星爆発の予兆なのでは?と、ここ数年世論を沸かせてきましたが、可能性としてはほかにも考えられるシナリオがいくつかあります。

爆発じゃないかも

天文学専門サイト「EarthSky.org」によれば、ベテルギウスの表面で起こっている化学反応が明るさを変えているかもしれないとのこと。または、ガスか塵が減光に関わっているのかもしれないとの憶測もあります。もしかしたら太陽みたいに明るさの周期があるのかもしれないですし、それらの周期が重なってしまっているのかもしれないですし、ナショナルジオグラフィックいわく、星の表面を漂う物質が、星本来の明るさを隠してしまっているのかもしれません。

もしベテルギウスが本当に超新星爆発を起こしたならとんでもないことで、個人的には大歓迎なんですが、暗くなった原因を説明するには、ほかにもっとつまらないけれど確実な要因が存在しているんですね。

来たる10万年以内にはほぼ超新星爆発を起こすとは言われているものの、ベテルギウスは地球から640光年離れているわけですからその爆発の様子が届くまでに何世紀もかかるのも事実です。

超新星爆発、見てみたいですよね。すごーく見たいです。でもベテルギウスが爆発するまでには何千年という時間がかかりそうですし、その間宇宙にはほかにもたくさんの恒星が爆発への道をひた走っています。トロント大学所属の天文物理学者のYvette Cendesさんによれば、イータ・カリーナ星が次の爆発候補かもしれないそう。

銀河系だけでもおよそ1000億個の恒星が存在してるんだから、どのみちどっかでドカーーーンとどでかい爆発があるはずなのです。その日を見届けるために、今後も宇宙に目を向けていきたいですね。

    あわせて読みたい

    powered by