親指シフターにもオススメ! 2020年に蘇るErase-Eazeキーボード「KEMOVE」

  • 25,655

  • author 三浦一紀
親指シフターにもオススメ! 2020年に蘇るErase-Eazeキーボード「KEMOVE」
Image: Kickstarter

Erase-Eaze」という配列のキーボードをご存知でしょうか? 基本的には一般的なUS配列のキーボードなんですが、Spaceキーが2分割されている配列のキーボードです。

Erase-Eazeって何?

以前はミネベア(NMB)などがErase-Eazeのキーボードを販売していましたが、現在市販されている製品はないと思われます。

以前キーボード収集を趣味としていたとき、このErase-Eazeのキーボードも買おうとしていたのですが、なぜか買わなかったんですよね。なんでだろう…? 高かったのかな。当時すでに新品はなかったような気がします。

このErase-Eazeキーボード、2分割されたSpaceキーの左側をBackspaceキーとして動作させることができます。そうすると、左親指でBackspaceができるようになり、ホームポジションから崩さずに文字入力しやすくなるというメリットがありました。

親指シフトとの相性バツグン!

また、キーマップをカスタマイズできるソフトと組み合わせて、親指シフトキーボードとして使うという人もいました。

親指シフトキーボード
Photo: Wikipedia

親指シフトとは、富士通のワープロソフト「OASYS」で採用されていたキー配列で、左右の親指キー(Shiftキーと同様の機能)と文字キーを同時押しすることで、濁音・半濁音をワンストロークで入力できるという、日本語入力に特化した配列。当時のワープロ世代には絶大な人気がありました。50代以上のライターは、親指シフトで覚えたという人も多くいます。

その後パソコンの時代になり、親指シフトは徐々にユーザー数が減っていき、今はあまり見かけなくなりました。親指シフトキーボードも販売されてはいますが、選択肢は少なく高価(現在発売されている純正キーボードはFMV-KB613FMV-KB232のみ)。路頭に迷った親指シフターたちは、既存のキーボードをカスタマイズして親指シフトの灯を絶やさないようにしてきました。

21世紀のErase-Eaze「KEMOVE」が支援受付中!

191229KEMOVE-02
Image: Kickstarter

ということで本題。Kickstarterで支援受付中のキーボード「KEMOVE」は、HHKBタイプのキーレイアウトを持つコンパクトなメカニカルキーボードです。こちら2種類あり、61keyタイプはテンキーレスでファンションキーもない配列です。

191229KEMOVE-03
Image: Kickstarter

そして64/66Keyタイプは、Spaceキーが2つに分かれています。そう、21世紀のErase-Eazeなんです!

64/66Keyタイプのほうは、右Shiftキーが短くなっていたりしますが、右Shiftキーなんてそんな使わないから問題なし! とにかくSpaceキーが2分割されているのが、キーボードスピリッツを滾らせてくれます。

191229KEMOVE-04
Image: Kickstarter

61keyと64/66Keyでは、キーキャップやスイッチ、本体色などが異なります。でももう、そんな細かいスペックなんてどうでもいいかな。とにかくErase-Eazeであることがなんだか興奮させてくれます。

両機種ともにUSB-CとBluetoothの接続に対応。macOS、iOS、Windows、Androidに対応しており、3台まで接続して切り替えて使用できます。

191229KEMOVE-06
Image: Kickstarter

キーカスタマイズはWindows専用ソフトから行ないます。設定内容は本体に保存されるので、Mac使いの人でもWindowsで1回設定すればOKです。

このカスタマイズ機能を使って親指シフト化することもできます。Erase-Eazeなので、親指シフトとの相性はいいはずです。コンパクトで持ち歩ける親指シフトキーボードなんていいですよね。

191229KEMOVE-05
Image: Kickstarter

なお、ISOレイアウトANSIレイアウトの2種類があります。ISOレイアウトは日本語配列に近いので、普段日本語配列のキーボードを使っている人はこれがいいかも。

現在61keyが64ドル(約7,000円)、66/64keyが109ドル(約1万2000円)から支援可能。すでに目標額は達成しているので、支援すればほぼほぼ手に入ります。2020年1月10日(金)まで支援受付中。発送は2020年3月の予定です。

Erase-Eazeに興味のある人も、親指シフターの方も、この「KEMOVE」は要注目ですよ!

Source: Kickstarter

KEMOVE ほしい?

  • 0
  • 0
Kickstarter

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by