「ガラス筐体のiMac」とかいうロマン。Appleの特許にある、新しい一体型PCのアイデア

  • author Gizmodo US - Victoria Song
  • [原文]
  • 塚本直樹
「ガラス筐体のiMac」とかいうロマン。Appleの特許にある、新しい一体型PCのアイデア
Image: USPTO via Gizmodo US

あら、未来じゃない。

Apple(アップル)のiMacは今でも最高にクールですが、提出された特許によれば、将来はキーボードやタッチパッドが一体化したカーブディスプレイデザインが採用されるかもしれません。さらに、MacBookとの合体もあるかも…?

新しい一体型PCのアイデア

アメリカ特許商標庁(USPTO)に昨年5月に出願された、今回の特許。「ガラスハウジング部材を有する電子デバイス」というタイトルのこの特許では、上部のディスプレイ部分と下部の入力部分、そしてそれをシームレスにつなぐカーブした部分を含んだ、ハウジングについて説明しています。…ハウジングがガラス製!? 未来感/高級感すごそうじゃないですか?

また、トラックパッドやキーボードは内蔵される(上図を参考)だけでなく、分離されることも想定されています。さらに入力デバイスとしてはタッチセンサー、バイオメトリクスセンサー、力センサーを想定。また本体素材もガラスだけでなく、プラスチックやセラミック、複合素材が利用でき、つや消しや艶なしといった表面加工についても触れています。いろんな構成が模索されています。

合体!

ek1hwk6t4q5yo0nxm9yy
Image: USPTO via Gizmodo US

さらに、MacBookを後部からドッキングさせて、大画面を利用するアイディアも説明されているのです。この場合、一体型PCの下部からMacBookのキーボードとトラックパッドが露出し操作ができます。

いつものことながら、特許が実際に製品化されるかどうかは不明です。しかしiMacがこんなクールな姿に生まれ変われば、一体型PCの新たなブームを巻き起こせるかもしれませんね。

Source: Patently Apple

    あわせて読みたい

    powered by