グレタ・トゥーンベリ、裕福で権力のある大人たちに警告。世界経済フォーラムにて

  • 6,223

  • author Yessenia Funes - Gizmodo Earther US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
グレタ・トゥーンベリ、裕福で権力のある大人たちに警告。世界経済フォーラムにて
Photo: Getty

「あなたの怠慢が火に油を注いでいるのです」

スウェーデン出身、17才の環境活動家であるグレタ・トゥーンベリは先日、スイスのダボスで行なわれた世界経済フォーラム(WEF)に参加し、ビジネスリーダー、バンカー、政治家などの聴衆に向けて、脅威的な気候変動のなか生き延びるには皆で力を合わせることが大事であるとのメッセージを発信しました。

気候変動リスクは日に日に緊急性を増しています。オーストラリアでは、猛暑や干ばつのなか、街や野生生物が深刻な山火事の被害を受けています。世界中で猛暑の記録が更新され、北極圏もその影響を受けずにはいられなくなってきました。

グレタは、ダボス会議のスピーチのなかで次のように述べています。

私たちの家はまだ燃えています。時の流れとともに、あなたの怠慢が火に油を注いでいるのです。私たちは、あなたが他の何よりも自分の子供たちを愛しているかのように行動してほしいと願っています。

グレタの、裕福で権力のある大人たちに対する警告は、WEFそのものの評価を表しているかのようです。専門家らは、WEFの年次リスクレポートで、いま直面している最大の脅威として、気候危機と"その他関連問題"を格付けしました。"その他関連問題"には、グレタのように現状を脅かす抗議者が含まれているのだとか。

もちろん気候変動リスクに対処するうえで、現状維持は有効ではありません。大規模な変革を起こすことが重要となります。木を植えたり、エミッションを削減したりするだけでは十分ではないレベルまで到達しているからです。炭素排出を完全にストップさせなければ、私たちの将来はとてつもない危険に晒されることになります。

「右も左も、真ん中と同じく、すべて失敗しています」

気候変動を否定することに何十年ものあいだ資金を投与してきた化石燃料業界は、協力者に配当金を支払えるほど利益の急増を達成しました。グレタが鋭く指摘する通り、こうした事態を見過ごした政治家たちはみな非難されて当然でしょう。(いっぽう変革に励んだ人々もいます

グレタは、次のように言います。

これは右か左かといった話ではありません。私たちは、あなたがたの政党政治についてはあまり気にすることがありませんでした。持続可能性の観点から見ると、右も左も、真ん中と同じく、すべて失敗しています。

化石燃料業界をめぐっての、注目すべき変化

世界中の若者たちが、気候変動の脅威に対処する世界の失敗を指摘する声を上げています。街頭でストライキを行ない、権力者の集まる場所に出向いて意見を述べています。ダボス会議に先駆けて、グレタをはじめ環境活動家たちはガーディアン紙化石燃料経済を今すぐ諦めるべきだという考えを表明しています。これについては彼女のスピーチでも繰り返し語られています。

今年のWEFでは、あらゆる企業、銀行、組織、そして政府からの参加者が、化石燃料の探鉱や採掘への投資を直ちにすべて停止すること、化石燃料補助金を直ちにすべてやめること、そして直ちに化石燃料をすべて断つことを要求します。

化石燃料業界をめぐっては、最近注目すべき変化もありました。ゴールドマンサックスは、部族からの働きかけを受け、北極圏国立野生生物保護区での掘削に資金を提供しないことを発表しました。世界最大の資産管理会社であるブラックロックは、活動家からの働きかけを受けて、化石燃料投資のポートフォリオから手を引くことに決めました。いまだ、化石燃料業界には何十億ドルもの資金が流れているいっぽうで、活動家たちの努力が身を結びはじめていることもうかがえます。

実行するのか、そうでないなら1.5°Cの地球温暖化の目標を試行することなく諦めた理由を将来、自分の子供たちに説明しなければいけないことになります。

私は、今ここで、あなたたちとは違って、私たちの世代は戦いもせず諦めたりしないということを宣言します。

    あわせて読みたい