ハーレーダビッドソンの次なる電動モーターサイクル。アメリカンスタイルじゃないじゃん…

  • 13,300

  • author 岡本玄介
ハーレーダビッドソンの次なる電動モーターサイクル。アメリカンスタイルじゃないじゃん…
Photo: HARLEY-DAVIDSON

中免で乗れるくらいの馬力?

2019年夏に、ハーレーダビッドソンが初の電動バイクLiveWireを発売したのは記憶に新しいところ。スマホと連携して、ある意味バイクをガジェット化させてしまった、革新的な一台でした。

そして今度は2021〜2022年内に、「ミッドパワー」というクラスの新しい電動バイクをリリースする計画があることを、electrekが報じています。

今度はダートトラック風

このバイクはダートラのXG750Rにとても似ており、最近流行りのスクランブラースタイルも近いかと思います。トップ画像の左右は微妙に違うものの、方向性は同じですよね。

この「ミッドパワー」は名前ではなく、LiveWireを「ハイパワー」クラスとした、その下の階級にあたるという意味です。こちらの画像では、ハーレーが計画しているクラス分けがわかり、下にはスクーター型の「ロウパワー」も用意されているのがわかりますよね。

200120_hd2
Image: HARLEY-DAVIDSON

ちなみにスタイリッシュな電動モーターサイクル子供用も、以前にお伝えしていますよ。

とあるパーツからパワーを推測してみる

イラストはまだコンセプトの段階なので、実車になるとアチコチ変更になる可能性が大いにあります。ですがそれを踏まえて、フロントフォークにディスクブレーキが1枚しかないということは、もしかするとガソリン車でいう250ccくらいのパワーを想定しているのかもしれません。

当然ながらLiveWireは、ディスクが2枚でしたし、中国向けの338ccハーレーも、イタリアのベネリの300cc「TNT300」をベースにしているのが真実なら、2枚です。なので1枚なのは、それだけ速くないってこと?って思うんですよね。とはいえ後輪にもディスクブレーキが見られるので、実際は400ccくらいのパワーになるのか?とも思わせてくれます。いずれにせよ、続報で詳しいスペックを待つしかありません。

アメリカンスタイルの電動のは出るの?

LiveWireがヨーロピアンスタイルで、この「ミッドパワー」はダートラ風です。ハーレーといえばアメリカン!というイメージなのに……そのアメリカンスタイルな電動モーターサイクルはいつ出るのでしょうか?

なーんて書いてる筆者は、実はセパハン入れたカフェレーサーが好物なんですけどね。

Source: electrek

    あわせて読みたい

    powered by