重量、約320g。ハッセルブラッド X1D用のちっさいレンズが出た

  • 5,480

  • author ヤマダユウス型
重量、約320g。ハッセルブラッド X1D用のちっさいレンズが出た
Image: XCD 4/45P

GFXといい、持ち出しやすい中判の流れがキている…!?

ナウでヤングな山本編集員をして「今の日本に必要なカメラ」と言わしめた、ハッセルブラッドの中判ミラーレス「X1D II 50C」。このコンパクトで洗練されたカメラにピッタリなレンズ「XCD 4/45P」が登場しました。

200117xcd445p_02
Image: XCD 4/45P

重量は約320g、全長は47mm。現在市販されている中判デジタルカメラ向けのAFレンズとしては、最軽量になります。レンズ構成は7群9枚、うち2枚は非球面レンズ。コンパクトながら、既存のXCDレンズと同じく最速1/2000秒までの全速でのストロボ同調可能なレンズシャッターを搭載。

200117xcd445p_03
Image: XCD 4/45P

X1D II 50Cが650gですから、レンズと合わせても1Kg切っちゃう。しかも静音性もサイトで聞けるくらい推してる。これはもうハッセルスナップを極めていけと、そうおっしゃるのですか。AFで動く5000万画素の中判CMOSセンサーを気軽に持ち歩けと、そうおっしゃるのですか…!

店頭予想価格は13万円だそうな。X1D II 50Cと合わせてもおよそ80万円くらい。安いととるか、他人事とスルーするか。前者だと感じた人は、秘められしハッセルスナッパーの才覚を開花させる時が来たかもしれませんよ。2020年1月下旬頃発売。

Source: XCD 4/45P via デジカメWatch

XCD 4/45P ほしい?

  • 0
  • 0
ハッセルブラッド

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by