プリンターのインクが高すぎる問題、HPが「解消」へ

  • 68,537

プリンターのインクが高すぎる問題、HPが「解消」へ
Image: Gizmodo US

ペーパーレスが進むにつれて、プリンター離れが加速中。

モルガン・スタンレーのアナリストによりますと、ついにHPがプリンター商法のやり方を変えることになるようです。

一般的にHPはプリンターをすごく安く売っておき、取り換えインクを法外な値段で売るビジネス・スタイルでやってきました。消費者はプリンターでキレイに印刷し続けるために、年間で何万円も払う必要に迫られます。

カミソリ刃モデル商法

こうした商法はほとんどのプリンター商売で行なわれているもので、カミソリの会社が持ち手部分を安く売っておいて、ひげ剃りに必要な刃を高く売ることから「カミソリ刃(razor blade)モデル」と呼ばれています。

CNBCのKif Leswing氏のツイート曰く、HPはこの商法から身を引くことを検討しているのだそう。米Gizmodoはモルガン・スタンレーのメモの内容を認め、HPの広報担当者はの取材に対し、そのことについて精査中だと話してくれました。

モルガン・スタンレーのアナリストが本日出したメモによると、顧客の20%は充分に印刷していない、もしくは利益を出すのに充分なインクを購入していないため、HPはプリンターの「カミソリ刃モデル」から撤退するようです。

なるほど。あまりにもインクが売れていないので、このビジネスモデルでは収益化できなくなっているんですね。もうずいぶん前からですが、印刷せずともデジタルのやり取りで済むことも増えましたもんね。

家庭用プリンターは低画質の印刷向き

PC、モニター、マウスなど、その他の家庭用/事務用の機器類は90年代から指数関数的に改善されてきましたが、プリンターに関してはその状況は動かないままでした。

プリンターは学校の課題で提出する論文や旅行の日程表を印刷するのには適していますが、安価なプリンターでは写真の印刷がイマイチです。それに地図、航空券、映画や観劇のチケットなど、これまで印刷してきた多くのものは簡単にデジタルでスマホに保存できる時代になりました。

画期的なプリンターを作ったものの…

HPは2年前、プリンターがもう日常的な機械ではないことを認め、HP Tango Xを発売しました。このプリンターは、使わないときには辞書のようにカバーで閉じて、戸棚に収納できるように作られています。しかしこれには、インクが乾きやすいという欠点があったのです。

2018年に、HPはこのインクが1年以上は持つはずだと言っていたのですが、私は数カ月でインク詰まりを発見してしまいました。これは半年間、最小限の使用で印刷してきたあとに印刷したものの画像です。

200113_hp2
Image: Gizmodo US

購入から半年でこんなになっちゃうだなんて知ったら、誰がこのプリンターを買うでしょうか? お高いインクカートリッジを買い溜めておくことが、最善の解決策だったら特に、です。

だからプリンターを値上げします(!?)

そしてモルガン・スタンレーいわく、HPはハードウェアを値上げすると話しています。これから新機種を買おうと思っている消費者にはよくないお知らせですね。これがもし本当なら、HPの動きは理に適っていると思います。ですがもしプリンターを値上げしたら、カートリッジは値下げするのでしょうか…?

Source: Twitter

    あわせて読みたい

    powered by