ファーウェイの次世代スマホは5眼カメラにセラミックのボディ?

  • 10,028

  • author 岡本玄介
ファーウェイの次世代スマホは5眼カメラにセラミックのボディ?
Image: THE VERGE

カメラが合計7つあっても、Googleのサービスは使えません。

最新ガジェット情報をツイートするEvan Blassさんから、HUAWEI(ファーウェイ)の次世代スマートフォンHUAWEI P40 Proとされるスマホのレンダリング画像がリークされた、とTHE VERGEが伝えています。

そこには5つのカメラが搭載されているのがわかるのですが、ボディーはセラミック製だというのです。

セラミックだとどうなるのか

セラミック(陶器)といわれるとお皿やコップのように衝撃に弱い印象もありますが、ファインセラミックスとなると軽くて硬いので義歯や包丁にも使われる素材ですよね。とはいえプラスチックや金属に比べると弾性に乏しいのもたしかで、衝撃でポロっと欠けやすい特徴はあります。

すでにセラミックを採用しているXiaomiのMi 5 Proはノコギリや電動ドリルでガリガリやっても無傷! というパフォーマンスを見せていますが、落下に対しての耐性はわかりません。

Video: MIUI ROM/YouTube

ファインセラミックスであれば、素材でその特性が大きく変わります。たとえば窒化アルミニウムなどで作れば熱伝導率が高く、ジルコニアなどで作ればそれが低い、みたいに。

なので内部の熱を放熱しやすいのかとかは、実機を触ってみないとわかんないです。

整然と並んだ5眼カメラ

複眼カメラといえば、iPhone 11 Proが『ボトムズ』のスコープドッグっぽいとの意見がある一方で、トライポフォビアの人たちが蓮コラを見てはゾワってたりと、多孔質が苦手な人々の神経を逆撫でしかねないデザインになっていましたよね。ですがこのP40 Proは、小さ目のレンズ(と右下はフラッシュ?)が整然と並んでいるため、そんな恐怖を煽らない、控えめでメカメカしいデザインとなっています。まぁそういう意味では、面白おかしい話題を提供できないんですけどね。

カメラのひとつは潜望鏡式の望遠カメラで、18-240mmと同程度のライカ監修カメラであろうとのこと。これは超広角レンズと13倍以上の望遠の真ん中くらいのカメラになる、としています。

またノッチのないスクリーン側の前面には、ふたつのインカメラがあります。ボタン類は外周に配置され、ヘッドフォン端子はなくUSB-Cがあるのみとなっています。

Googleナシでも大丈夫か?

前機種のMate 30 ProにはAndroidこそ搭載されていますが、Huawei Mobile Services(HMS)なる独自のMSP(モバイル サービス プロパイダ)がインストールされており、IDの登録や、メールやマップサービスの利用、アプリのダウンロードなどを行えます。

ちなみに中国共産党は、2020年元旦から「パスワード法」を実施し、日常生活のすべてのパスワードを中国政府に管理されることになった、というウワサが拡散されておりました。これについては「パスワードが中国政府につつぬけになる」とか「いや政府でもパスワードの中身は見られないよ」とさまざまな見解があり…セキュリティについて心配になる人も多かろうと思います。

セキュリティ面がOKだったとしても、AppleでもGoogleでもないストアにそれだけアプリが集まってくるかはまだ不透明で、僕たちにとって使いやすいスマホになるかは未知数です。

とはいえMate 30 Proのカメラはめちゃくちゃ凄かったんだよな...気になるスマホです。

【速報】ファーウェイ、新スマホ「Mate 30 Pro」を発表。性能がぶっ壊れ気味です

I am your new mate、ですって!ファーウェイが新スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro」「HUAWEI Mate 3...

https://www.gizmodo.jp/2019/09/199104.html

訂正[2020/01/20]記事初出時、Huawaei Mobile ServicesをOSと表記していましたが、モバイル サービス プロパイダの誤りでした。謹んで訂正いたします。

Source: Twitter (1, 2) via THE VERGE, YouTube via juggly.cn, Huawei Mobile Services
Reference: note, KYOCERA, ITmediaビジネスONLiNE

HUAWEI P40 Pro(仮) ほしい?

  • 0
  • 0
HUAWEI

シェアする

あわせて読みたい

powered by