肉もどきシュウマイのお味はいかに。インポッシブルが人工の豚肉を製品化 #CES2020

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
肉もどきシュウマイのお味はいかに。インポッシブルが人工の豚肉を製品化 #CES2020
Photo: Impossible Foods

ビーフの次はポーク。

ベジタリアンやビーガンにとって明るい未来が待っていますね。

こんなにおいしいものを食べられなくてかわいそうなんて言われる時代は終わりを告げようとしています。肉そっくりの肉もどきがまたまたCESに登場するらしいです。その新製品は...。米GizmodoのAdam Clark Estesの報告です。


シュウマイ好きだけどベジタリアンな人においしいお知らせ。Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)からの新製品「ポーク」の登場です。この新製品「ポーク」のおかげで、ソーセージの製品化が実現の運びとなりました。

もちろん本物のポークではありません。ひき肉もどきのニセ肉で原材料は植物由来です。そう、かの有名なニセバーガーの牛ひき肉「インポッシブル・ビーフ」くんの弟分(?)です。その名も「インポッシブル・ポーク」。その成分はインポッシブル・ビーフのそれとほとんど変わらないのです。見た目をポークそっくりにし、豚ひき肉と同じ調理方法で調理すると豚ひき肉そっくりの味が味わえるというわけです。

単にニセ肉に新しい味が登場したというだけという人もいるでしょう。それはそうかもしれません。でも、でもですよ。ポークの登場でレシピのパラエティが格段に広がることは確かなことです。肉食の人たちだけが特権的に味わえていたシュウマイやソーセージ、それらがベジタリアンにも門戸を開くのです。 これに絡み、Impossible社はソーセージ製品のラインナップも発表しています。その名もずばりなんのひねりもない「インポッシブル・ソーセージ」。 どストレートなネーミングです。バーガーキングはこのインポッシブルのにせポーク製品を使ってニセ肉のクロワッサン・サンドを1月末くらいに提供開始するんですって。

ビーフもテストしたことだし、ポークもそのお味を品質評価しなてみないことにはレビューできません。米Gizmodo編集部はもちろんCESでそれを実現させる意気込みであります。さて、インポッシブルポークのお味やいかに。

インポッシブル・ポーク ほしい?

  • 0
  • 0
Impossible

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by