2020年前半に出る噂の「iPhone 9」のデザイン:すりガラスにTouch ID、iPhone 8と似た本体サイズになる?

  • 152,655

  • author 塚本直樹
2020年前半に出る噂の「iPhone 9」のデザイン:すりガラスにTouch ID、iPhone 8と似た本体サイズになる?
Image: iGeekblog

新鮮さは少ない?

いよいよ今年前半にも登場するかもしれない、iPhone 9(仮称、iPhone SE2とも呼ばれる)。これについて、リーク情報をもとにした予測画像が公開しました。

噂どおりの画面サイズ

200109_iphone_9_render_1
Image: iGeekblog

iGeekblogとOnleaksが制作した今回の予測画像、その見た目はまさに「iPhone 8」と瓜二つです。これまでの噂とおり、今年前半に登場するiPhone 9は4.7インチのディスプレイを搭載し、ホームボタンを搭載すると言われていました。

噂されているこの機種は、iPhone SE2とも呼ばれるだけあって、iPhone SEと同じ4インチを期待されていた方にはガックリなデザインですね。カーブしたメタル製フレーム、シングルカメラ…と、ある意味、新鮮味のない外観となっています。

今回の画像からわかる新情報

今回の画像にて判明した新情報もあります。それは、iPhone 8のような背面素材が艶のあるガラスではなく、iPhone 9では艶消しガラスになっている点。これはiPhone 11 Proと同じデザインとなっており、指紋が目立たずサラサラとしていて気持ちがよさそうです。

そして、Apple(アップル)ロゴも本体背面の中央に移動しています。この変更もiPhone 11シリーズで取り入れられた変更ですね。

事前情報によれば、iPhone 9はiPhone 8のデザインはそのままに、A13プロセッサなど最新スペックを投入したモデルになるようです。また一方で、指の圧力をディスプレイが検知する「3D Touch」機能は、iPhone 11シリーズ同様に削除されることも伝えられています。

破格の399ドルスタートか?

以前にアナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 9の価格が399ドル(約4万3000円)程度になるとの予測を伝えています。ストレージ容量は64GB/128GBの2モデルで、レッドカラーも登場するようです。それに、iPhone 9には画面サイズ違いで、2機種存在するという謎の噂も…?

iPhone 9は、過去の筐体を使うために安価になると予想されていますが、それでもプロセッサを最新のA13にするなどこだわりが見える機種。これも、ゲームアプリやARKitといったこれからAppleが推進したい分野を支えるハードウェアとなるかもしれません。

Source: iGeekblog via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by