今年のiPhone、Face ID機能が改善される? 覗き込まなくてもロック解除できたらいいな

  • author 塚本直樹
今年のiPhone、Face ID機能が改善される? 覗き込まなくてもロック解除できたらいいな
Photo: Shutterstock.com

どれくらいの角度まで?

Apple(アップル)が他社に先んじて導入した、革新的な顔認証機能「Face ID」。このFace IDが今年の次期iPhone(iPhone 12)では改善されるかもしれません。

バークレイズ証券のアナリストの報告では、具体的なFace IDの刷新内容については触れていません。個人的には、読み取り速度の改善や角度の拡大を期待したいところ。特に、机の上に置いたままで覗き込まなくてもロック解除ができたら嬉しいですね。

さらにレポートでは、ハイエンドモデルの背面にToFセンサーが搭載されることも伝えています。これは光の反射速度の差を利用して、物体の距離を測定するというもの。例えばAndroidスマートフォンでは、ボケ撮影や3Dスキャンなどの機能に利用されています。

また以前にも報告されていましたが、2021年にはiPhoneからLightningコネクタが廃止される可能性にも触れています。こちらも、周辺機器をUSB-Cポートで揃えている僕としては、ちゃっちゃと移行してほしいものです。

そういえば、iPhone 8のアップデート版(5.4インチの廉価なiPhone 12?)にも、Face IDが搭載されるという噂もありますね。iPhoneとFace IDの強固なパートナーシップは、今年も揺るがない…のかもしれません。

Source: CNBC via 9to5Mac

    あわせて読みたい