磁石でピタッとくっつけられて付け外しがカンタン! ケーブル整頓グッズ「MACO」が登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Hideaki Yamamura
磁石でピタッとくっつけられて付け外しがカンタン! ケーブル整頓グッズ「MACO」が登場
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]から再編集して転載

早く、すべて無線化されないかな〜。

無線充電や完全ワイヤレスを利用する方も増え、ケーブルがなくてもさまざまなことに対応できるシーンが広がりました。でも、有線イヤホン派の方も多く、ノートPCの充電器は必須アイテム。複数のケーブルを持ち歩いている方も多いのでは?

ただ、ケーブル類は乱雑に収納するとバッグの中で盛大に絡まり、使うときにストレスを感じることもありますよね。

そんなケーブルの整理整頓に便利なアイテム「MACO」が姉妹サイトmachi-yaに登場しました。シリコンバンドとネオジム磁石でケーブルをまとめ、さらにデスクや衣類にもケーブルをホールドできるようですので早速詳細をチェックしてみましょう。

Video: Wincle/YouTube

磁石でピタッとホールド

MACO20_1
Image: machi-ya

「MACO」はケーブルの不要な絡まりをなくすために開発された製品。シリコンの本体両端にネオジム磁石が搭載されており、まとめたケーブルを手軽にホールド可能。

MC2-GIF-EASY-TO-USE-800
Image: machi-ya

利用時はサッとほどくだけ。イヤホンに限らず、充電ケーブルなどは絡まったりほどいたりを繰り返すと断線などのトラブルにも発展しやすくなるので、保管状態の向上は長く愛用するためにも必要です。

maco4
Image: machi-ya

ちなみに「MACO」にはスリットが搭載されており、ここにケーブルを通しておけば紛失のリスクも低減できます。

maco1_2
Image: machi-ya

ラインナップは2サイズ展開。イヤホンなど細めのケーブル用の「MACO2.0」と、PCの充電ケーブルなど太めのものに適した「BIG MACO」が用意されています。

いろんな場所にホールドできる

MACO20_6
Image: machi-ya

搭載されているネオジム磁石は「MACO」本体をさまざまな場所にホールドするのに役立ちます。例えばキーホルダーを吊るして金属製の壁に貼りつけておく、なんてことも。

ちなみにキャンペーンページの情報によれば耐荷重は0.4kg(400g)とのこと。例えば形状的に吊り下げることはできませんが、188gのiPhone11 Proでもホールドできるぐらいのスペックなので頼もしいですね。

123456879
Image: machi-ya

その他にも、例えば照明やデスクの金属フレーム部分にくっつけたり、

MACO20_4
Image: machi-ya

有線イヤホンのクリップ代わりにも使えたりもします。アイデア次第では、さらに別の使い方もできそうですね。

ドッキングプレートで非金属な場所でも活躍

DOCKS_1
Image: machi-ya

磁石がくっつかない木製のデスクなどではこの「ドッキングプレート」が活躍。繰り返し利用が可能なミクロ吸着シートが採用されているとのことで、デスクにシールのあとが残りにくいのがいいですね。

ノートPCの場合、気がつくと床に充電ケーブルが落ちてしまっていることもあるのでケーブル断線などのトラブル防止にも良さそうです。

DOCKS_2
Image: machi-ya

枕元でスマホを充電している人も多いと思いますが、ベッドの隙間にケーブルが落ちてしまうのもこの画像のような利用方法で防げそうです。


ご紹介のケーブルオーガナイザー「MACO2.0」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。執筆時点ではイヤホンなど細めのケーブル向け3本セットが23%OFFの1,980円(送料込)から、PC充電器など太めのもの向けの「BIG MACO」が23%OFFの2,290円(送料込)からオーダー可能となっています。

そのほかにもお得なセットプランも用意されていますので、気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください。

>> ネオジム磁石でケーブルを簡単に整理整頓できるシリコンバンド「MACO」のオーダーはこちら

Source: machi-ya, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by