月の砂から酸素が作れるようになったらしいぞ。これで月移住に近づいた!

  • 7,395

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
月の砂から酸素が作れるようになったらしいぞ。これで月移住に近づいた!
Image: ESA/P. Carril

これでにだって住みやすく?

生命が存在する酸素って欠かせないでしょう。地球からもっとも近い星の月に、もし豊富に酸素があったなら? そんな夢のような話が、なんと現実に大きく近づきましたよ!

このほどESA(欧州宇宙機関)は、レゴリス(regolith)と呼ばれる、月表面の砂れきや塵などの堆積物から、呼吸用の酸素を取り出すことに成功したと発表しています。過去のアポロ計画により、月面から地球上へと持ち帰られたレゴリスは、その成分の40~45%が、酸素から成っていることが判明していました。では、そこから酸素を抽出することはできないものか…。

200121estec2
Image: ESA/P. Carril

この課題に取り組むため、オランダのノールドヴェイク市にあるESTEC(欧州宇宙技術研究センター)において、英グラスゴー大学の化学者のBeth Lomax氏らが中心となって、抽出システムの完成が目指されてきました。Lomax氏は「月面のリソースから酸素が得られるようになれば、将来的に月で生活し、そこで呼吸用ならびにロケット燃料用の酸素を手にするうえで大いに役立つことになる」と語っていますよ。

200121estec3
Image: Beth Lomax/University of Glasgow

錬金システムの開発を進めるMetalysisとともに、レゴリスを950度にまで熱するシステムが構築されました。その過程で、溶融塩化カルシウムの電極を通すことにより、レゴリス内の酸化物から酸素を分離抽出します。実は、このシステムにより、レゴリスは合金に生まれ変わり、もともとは分離する酸素のほうが、廃棄される物質となるはずでした。しかしながら、システムを改良し、排気口から出てくる酸素を蓄え、同時にできた合金も、3Dプリンターで使用できる素材にしていく方向性で、レゴリスをフルに有効活用すべく、研究開発がなされているんだとか。

月の砂は、人体に有害とされてきました。ところが、こうして酸素を生み出す貴重なものと判明したことで、将来の宇宙計画の形は、大きく変わってくるかもしれません。なお、さすがに950度という高温でしか作動しないシステムだと、実用性が薄いものの、2020年代半ばまでに、月面で簡単に稼働できるシステムへと仕上げる目標が立てられているそうです。ほかの惑星でも、同じように応用できると、さらに可能性が広がっていくのかもしれませんよね?

Source: ESA

    あわせて読みたい