雷を呼ぶ列石? 環状列石の中心から、謎の落雷痕

  • 25,444

雷を呼ぶ列石? 環状列石の中心から、謎の落雷痕
雷の落ちるX地点を囲むように石が並んでいる。「とても偶然とは思えない」と調査班

最果ての地、ヘブリディーズ諸島(スコットランド)。

ここでビーツ湿原の地下に眠る遺跡を調べていた考古学班が、カラニッシュ巨石遺跡付近で奇妙な石を見つけました。雷神トールが舞い降りたかのような、パワフルな落雷痕を取り囲むように並ぶ立石の跡です。

もしかしたら古代人が石を立てまくったのは雷を呼ぶためだったのではないの…?と、班は新説を唱えています。石はもともと自然現象に結び付きが強く、そこからヒントを得て建てられたと考えられています。雷が新石器時代の人間にとって畏怖の対象だったことは、想像に難くありませんものね。発見の詳細は科学ジャーナル「Remote Sensing」に掲載中

20200113standing_stones_photo
Calanais環状列石。天を目指すように屹立している
Image: Historic Environment Scotland

論文をまとめたのは、セント・アンドルーズ大学のRichard Bates考古学博士率いる、カラニッシュ遺跡バーチャル探査プロジェクト調査班。探していたのは、ルイス島の入り江を見下ろす場所に今から5,000年ほど前に建てられたカラニッシュ巨石遺跡、それを取り囲むように地下に並ぶとされる未知のストーンサークルです。

これまで12を超える候補地が挙げられていましたが、いまだかつて誰もその場所を知り得た人はいません。泥炭(ピート)湿原が広がっているだけです。

そこで調査班は、石に影響を与えない遠隔操作のセンサー(電磁波マッピングや比抵抗トモグラフィーなど)で泥炭の底を調べてみることにしました。すると、メインのカラニッシュ巨石遺跡が見える丘の上のカラニッシュ遺跡XI(Airigh na Beinne Bige)の辺りに、屹立している石がひとつ発見されたのです。さらに物理解析の結果、これは巨石遺跡を取り囲む、かつてのストーンサークルの一部であることが判明しました。

列石の中心に巨大な「星状の磁場の乱れ」

200113standing_stones_magnetic_gradient
磁場勾配のスキャン画像。星状の磁場の乱れが検出されている。緑はかつてのストーンサークル、赤は今回発見された立石
Image: C. R. Bates et al., 2019

発見されたのは石だけではありません。磁場スキャンでは、列石の中心にとてつもなく巨大な「星状の磁場の乱れ」も確認されました。こちらはおよそ4,000年前のもの。小さな落雷が何度も集中的に繰り返された跡か、大きな落雷1回の跡だと論文では書いています。

「雷は地表を覆う『スキン』の一番上を伝わるものなので、このようなものが見つかることは稀」

「落雷は、その痕跡から判断して辺り一面が泥炭に覆われる前の、今から3,000年以上前に起こったものと考えられる」(論文共著者の同大Tim Raub研究員、プレスリリースより)

ストーンサークルを建てる前の雷か、建てた後の雷かまでは断定できませんでした。ともあれ真ん中に落雷痕が見つかったことについて、団長のBates考古学博士はこう語っています。

「偶然とはとても考えられない。現存しない木や石に落ちた雷か、列石自体が呼んだ落雷かは不明だが、古代人が毎日の暮らしで自然のパワーを身近に感じていたことや島の初期農耕社会の精神世界がうかがい知れる、驚くべき発見」

環状列石が雷を呼ぶ石だったというのは、なかなかロマンを感じる話で、さらなる検証が待たれますね。

日本でも環状列石が建てられたのは農耕がはじまった縄文時代で、6,000〜3,000年前ぐらいには、石を並べまくっていました。夏至や子宝祈願と関係が強かったようですが。避雷針みたいな役目もあったのかもしれませんね。イギリスのストーンサークルに比べて、スコットランドの石は尖がっているような印象を受けます。泥炭と牛糞をかき分けながら絶海の孤島の石を回った方のレポート「スコットランドの巨石」に…。

「 石の持つ圧倒的な重量感と神秘性に打たれて、背筋に電流が走るような感銘を受けた。 古代人からのメッセージだったのかもしれないが、この鈍感な現代人には全く解釈不能だった」

とあって、いやいや鈍感なんて。たいしたものだと舌を巻きました。

    あわせて読みたい

    powered by