早漏に悩むみなさま、秘部に貼る「神経調節パッチ」を試す勇気はあるだろうか? #CES2020

  • 26,585

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
早漏に悩むみなさま、秘部に貼る「神経調節パッチ」を試す勇気はあるだろうか? #CES2020
Image: Victoria Song (Gizmodo)

毛深い人は剥がすとき地獄で候。

「CES 2019」では、女性のために開発されたスマート・バイブレーターが受賞したものの、そのごすぐ「非道徳的」という理由から賞が撤回されてしまった、というちょっとした事件がありました。

あれから1年。今年は大きく変化したようで、性と健康に関する複数の企業が、自社製品を披露することを許可されています。そこで米GizmodoのSong記者の目を引いたのがなんと…早漏を改善する「神経調節パッチ」なるモノでした。

マネキンの股間に絆創膏

発表していたのは、Morari Medicalという会社で「メディカル」というだけあって医療系メーカーのようなのですが…ブースにあったのは下半身だけのマネキンの股間に、ただ大きめの絆創膏が貼られているだけ。ついでに置かれたノートPCの画面には、ベッドで頭を抱えた男性と、不機嫌そうな女性の写真などのスライドショーが映されていました。そして取材したSong記者には、マネキンの股間にあるのはダクトテープのような汚い絆創膏がにしか見えなかったようです。

このミニマムなブースで得られた情報は、まずこの絆創膏は早漏改善を目的とした「初のウェアラブル・ソリューション」のための、「初期プロトタイプ」なので、正式な名前がまだないということ。そしてこの研究の目的は、脳が「射精神経」とより良く情報をやり取りするのを助ける「Neuromodulation(神経調節)」を利用したものを開発する、というものなのだそうです。

ニューロモジュレーションって何だ?

ということで、Googleでコレを検索すると「電気刺激や化学物質などの刺激を身体の特定の神経部位に的を絞って送達することによる神経活動の変化」という答えが出て来ました。ということは、バイアグラを飲んだり電動マッサージ器で下腹部のコリをほぐしたり、下半身に低周波治療器を貼り付けて健康的な行為に及ぶのも、ザックリと「ニューロモジュレーション」ってことになりそうですね。

「Morari」とはラテン語で「遅延」を意味するそうなのですが、彼らのウェブサイトを覗いてみると、この製品の説明には「陰茎の神経を抑制し、射精を遅らせることを目的とした、初の外用経皮製品」とあります。

絆創膏の役割は?

不明な点が多い製品ですが、もしかしたらこれはただのテーピングで、実は男性の身体で最も敏感な部分に電極を貼り付けるということなのか? それとも湿布薬のように、鎮痛性のシビれ薬でも塗られているのか? ちょっと定かではありません。

ですが絆創膏が肌色なのは、モチロン相手に悟られないよう、極力目立たせないためのカモフラージュなのは間違いありません。

剥がすときが大問題

また別の問題は、使用後に剥がすときです。毛の生えた柔らかい玉袋から、粘着力の強い絆創膏を剥がす痛さは、男性なら多少は想像できそうですよね。Song記者がパートナーに写真を送って意見を求めたときも、すかさず「ヤメてお願い、ソコは毛深いから」と同様の答えを寄越したのだそうです。もしも蟻の塔渡りまで毛深い人なら、剥がすときの痛みはブラジリアン・ワックス級でしょう。

しかし毛が抜けるのを防ぐためには、日頃から切ったり抜いたりする必要があるのでしょうか? そこまで切羽詰まっている男性は…一定数いるかもしれませんが。

そこで新たな疑問。タマまで毛深い人には、この絆創膏の効き目があるのでしょうか? というか、まずちゃんと貼り付くのかも問題です。なので必然的に、毛深い人は下処理が必要になってしまうのでしょうね。

男性はこの話題をタブーにしている?

Song記者は、男友達らにこうした質問を送ったのですが、誰一人として返信してくれなかったのだそうです。そこで彼女が至った結論は、「やはりMorari Medicalの主張通り、男性は早漏について話すことを恥じている」となったのでした。

ノートPCの写真のように、男性にとって早漏というのは、女性を満足させられないことからプライドが許さない=恥ずかしいことだ、と思われがちかもしれません。ですが、だからといってキ○タマに絆創膏を貼り付けるのは最善策なのでしょうか? 事前に一本絞っておくとか、ゴム製の帽子を重ねるとか、方法はいくらかありそうなんですけどね?

もしこの絆創膏に効き目があり、痛くもなく、秘部の脱毛と交換条件で早漏が改善されるのなら、試してみたいと思う人は少なからずいそうですね。

Source: International Neuromodulation Society

神経調節パッチ ほしい?

  • 0
  • 0
Morari Medical

シェアする

あわせて読みたい

powered by