2020年、パブリックドメインになった映画、音楽、本

  • 10,984

  • author Matt Novak - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
2020年、パブリックドメインになった映画、音楽、本
GIF: Gizmodo US

翻訳版はどうなるんだろう。

年が明ける=おせちやお雑煮だけではありません。映画や音楽が本が、知的財産権を失ってパブリックドメインになる日でもあるんです。今年は1924年にリリースされたタイトルがパブリックドメインになりました。今後、それらの作品はダウンロードするのもアップロードするのも、シェアするのも自由になるんですよ。

1924年に公開されていた映画といえば、バスター・キートンハロルド・ロイドを代表とするサイレント映画ですね。「さよなら、さよなら、さよなら」で知られる、映画評論家の淀川長治氏の著書を読んでいる人にとって、馴染みのある時代でしょう。あの映画史に名前が出てくる映画たちが、今日からは合法的にネットなんかで見れるようになるんです。

では、具体的にどんな作品がパブリックドメインになったのか。映画、音楽、本の順番に紹介していきますね。

映画

『キートンの探偵学入門(Sherlock, Jr.)』(1921年) バスター・キートン演

『海底王キートン(The Navigator)』(1924年)バスター・キートン演

『アイアン・ホース(The Iron Horse) 』(1924年)ジョン・フォード監督

『ロイドの猛進ロイド (Girl Shy) 』(1924年)ハロルド・ロイド演

『ロイドの初恋(Hot Water)』(1924年)ハロルド・ロイド演

『殴られる彼奴(He Who Gets Slapped)』(1924年)ロン・チェイニー演

『ピーターパン』(1924年)

『Captain January』(1924年) ベビー・ペギー演

『アメリカ(America)』(1924年)D.W. グリフィス監督

『グリード(Greed)』(1924年)エリック・フォン・シュトロハイム監督

『シー・ホーク(The Sea Hawk)』(1924年)フランク・ロイド監督

『裏町の怪老窟(Waxworks)』(1924年)パウル・レニ監督

音楽

「ラプソディ・イン・ブルー」(1924年)ジョージ・ガーシュウィン作

「魅惑のリズム」(1924年)ジョージ・ガーシュウィン作

「Nobody’s Sweetheart」ビリー・マイヤーズ/エルマー・ショーベル歌

「Lazy」アーヴィング・バーリン作

「Jealous Hearted Blues」Cora “Lovie” Austin作

「Santa Claus Blues」Charley Straight /Gus Kahn作

「ラプソディ・イン・ブルー」ってそんなに古い曲だったんですね…! 知らなかった。

「ターザンと蟻人間」エドガー・ダイス・バロウズ著

「茶色の服の男」アガサ・クリスティ著

「The Dream」ハーバート・ジョージ・ウェルズ著

「Hay Fever」Noël Coward著

「When We Were Very Young」A. A. Milne著

「インドへの道」E. M. フォスター著

「魔の山」トーマス・マン著

「ビリー・バッド」ハーマン・メイヴィル著

「サヴォイ・ホテル」ヨーゼフ・ロート著

アガサ・クリスティの小説がパブリックドメインになったことに、地味にびっくり。自分も歳をとったわけです。というか、「ターザンと蟻人間」が気になりすぎる。今なら「ターザンとアントマン」って訳されて、頭の中がカオスになりそう。

    あわせて読みたい

    powered by