セグウェイ作:大人のベビーカー

  • 6,815

  • author Andrew Liszewski - GIZMODO
  • [原文]
  • 中川真知子
セグウェイ作:大人のベビーカー

私、楽して移動したい!

ドラえもんの「どこでもドア」に猛烈な憧れを抱いていますが、生きている間に開発されることはなさそうなので、セグウェイのハンズフリー・セルフバランススクーターのKintoneを練習したことがあるんですよ。5分で乗りこなせるって書いてありましたし、実際に使っている人の動きを見ると簡単そうでした。でも、むっちゃくちゃ難しいの。バランス感覚がないからでしょうかね、フラッフラだし怖い怖い。最終的に、間違って前方に降りたせいで、Kintoneにアキレス腱を強打される始末…。立って乗るって難しい。座りたい。

そしたら、セグウェイ-ナインボットが、椅子3つめのホイール付き「S-Pod」をCES 2020で発表するというニュースが入ってきたんですよ。これぞまさしく私が欲しかったやつー! というか、私でも乗れそうなやつー!

大人用ベビーカー「S-Pod」

セグウェイやKintoneは、体を前後に傾けることで加速したり減速したりします。左右の場合も体重移動でコントロールします。なので、特にKintoneの場合は体幹を鍛えていないとフラフラするんです。S-Podには、ナビゲーション・パネルマニュアルコントロールのノブが付いているので、ユーザーは座ったままでオーケー。時速25マイル(時速約40km)まで出すことができて、地形やユーザー、スピードによって変化しますが、だいたい44マイル(約70km)走るだろうとのこと。コントロールパッドは取り外すこともできるので、ジョイスティックでの操作に慣れていない人は、パッドで遠隔操作することも可能だそうです。

車椅子の代わりになる?

椅子付きとなると車椅子の代わりになりそうだと思いますが、写真を見る限り健常者向けな気がします。というか、車椅子としては使えなさそう。というのも、S-Podの乗り降りは車椅子ほど簡単ではなさそうに見えるから。それに、車椅子の場合は折りたたんで車に積むことができますが、S-Podは車に積んだり折り畳んだり、多目的トイレに入ったりといったことを念頭にデザインされているようにも見えません。

米ギズモードの中の人たちは、ラスベガスで開催されるCES 2020でハンズオンしてみる予定らしいので、どんなものなのかは今後のハンズオン記事を待つ必要がありそう。

活躍の場は?

オリジナルのセグウェイ同様、他の電気自動車よりも小回りが効きそうなので、空港やテーマパーク、ショッピングモールなんかで活躍しそうです。

ただ、S-PodはあくまでCES 2020で発表されることが約束されているコンセプトモデルなので、今後どうなるのかは微妙かも。私としては、日本の公道を走れるようになるのなら、一台欲しい。そうしたら、地元のスーパーに米や飲料を買いに行く頻度も増えると思います。

    あわせて読みたい

    powered by