スマートフォンによる投票解禁! アメリカ初、ワシントン州シアトルでスタート

  • author そうこ
スマートフォンによる投票解禁! アメリカ初、ワシントン州シアトルでスタート
Photo: Shutterstock.com

あ、初なんだ。

ワシントン州シアトルのキング群で行われる管理委員会役員選挙にて、スマートフォンから投票できる仕組みを導入することが発表されました。アメリカでは、一部の地域で国外からの投票専用でスマートフォンが容認されたことはあるものの、国内の投票でスマホ投票が行われるのは今回が初めて

キング群在住の選挙権を持つ120万人が、2020年1月22日〜2月11日までの間にスマホから投票することが可能。キング群選挙委員会のJulie Wise氏は、プレスリリースで、投票率アップのために常に新しい道を模索していること、スマホ投票を導入することで今まで以上に投票がしやすくなることをあげ、今回の選挙は大きな一歩になるとコメントを発表しました。

キング群のスマホ投票は、専用アプリを使わずにモバイル版のウェブページから、名前、生年月日、署名を入力し身元確認して投票を行う仕組み。キング群選挙委員会、モバイル選挙を行う非営利団体Tusk Philanthropies、サイバーセキュリティセンター、電子投票用紙を開発するDemocracy Liveが連携して実現しました。

手の中のスマホで投票できれば、そりゃ選挙はより身近になります。とはいえ、スマホでできた方がいいとは手放しではいえず。デジタル化、ネット化すれば必ずぶち当たるのがセキュリティの壁。現に、2016年の大統領選挙でロシアからのサイバー攻撃が大きく問題になりました。ネタ元The Vergeでは、全米アカデミーズがオンライン投票には大反対で、今後も紙の投票用紙のみで行うべきだと主張していることをあげ、その危険さも指摘しています。

投票率アップさせたいなら、もっと簡単に投票させてよー。スマホからピピっとさせてよー。なんて声も聞きますが、IT最先端国のアメリカですら今やっと一部でスタートした状況。その脅威的なリスクを考えれば、便利さが優先されることはないのではと思います。選挙投票においては、便利さよりも確かな公正さ、ですよ。

Source: The Verge

    あわせて読みたい