TeslaのCybertruckの製造費用はかなり安い。ライバルの1/7

  • 11,552

  • author 塚本直樹
TeslaのCybertruckの製造費用はかなり安い。ライバルの1/7
Image: Tesla

かっこよっくてコスパもいい

衝撃とともにデビューした、Tesla(テスラ)の電動ピックアップこと「Cybertruck」。その特徴的な角張った車体の製造費は、意外と安いのかもしれません。

まず、Cybertruckの車体はロケットに用いられるのと同じ「30X」というスチール素材が採用されています。これにより極めて高い強度を実現してるだけでなく、外装が外骨格として機能することで内部スペースの拡大に成功しています。

そして車両製造のエキスパートことSandy Munro(サンディ・マロン)氏によると、塗装を施さないCybertruckの5万台あたりの製造費用は3000万ドル(約33億円)以下になると推測されるそう。これは、Ford(フォード)のピックアップのF-150の2億1000万ドル(約230億円)と比べると、かなり廉価であることがわかります。約1/7。

さらにこのような予測に対し、Teslaを率いるElon Musk(イーロン・マスク)氏も「Munro氏の予測は正確だ」と反応しているのです。さすが、エキスパートは見ただけで大体の数値がわかるんですね。

すでに予約が殺到している、Cybertruck。個人的には、街乗りをしやすい小型版の登場に期待したいところです。

Source: electrek

    あわせて読みたい

    powered by