お望みの温度の水を、必要な量ぴったり出してくれる! Moenのスマート蛇口 #CES2020

  • author Andrew Liszewski- Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
お望みの温度の水を、必要な量ぴったり出してくれる! Moenのスマート蛇口 #CES2020
GIF: Moen

キッチン周りで、一番うれしいスマート化かも。

Moenは3年前、2017年のCESで、朝ベッドから出ずともスマホ経由でシャワーから出る水を温めておけるスマートシャワーのシステムを発表しました。同社は今年、そのテクノロジーをキッチンに導入しようと、とても役立つ機能を内蔵した最新のスマート蛇口をお披露目したのです。

U by Moen smart showerは誰もが飛びつくような浴室のアップグレードでしたが、シャワーヘッドや取付工事を含めないでも1160ドル(約13万5,000円)からという高価格なコストのせいで、ほんの一握りの人しかその費用を正当化できない贅沢品でした。朝、トイレに向かうついでにシャワーを出しておくことを忘れなければいいだけの話ですからね。

しかし、今回のThe U by Moen Smart Faucetは、完璧な温度の水が出るという利便性を広げた、手に入れやすいアップグレードです。U showerと同様に、センサーを利用してパイプを流れる温水と冷水を賢く混ぜ合わせて、ユーザーの望む温度ぴったりの水を蛇口から流すようにする仕組みです。こういった水温のリクエストはMoenのiOSとAndroidアプリから行えますが、同社いわくSmart FaucetはGoogle AssistantとAmazon Alexaデバイスとも連携できるとのこと。音声コマンドを使うには、少なくとも1台のスマートスピーカーが必要となり、ユーザーは特定の温度やアプリで設定したプリセット(哺乳瓶用など)に加えて、GoogleやAlexaに水の温度を少し温かく、または冷たくといった会話形式のリクエストも行えます。

蛇口にはモーションセンサーと流水量や温度調節のための昔ながらのレバーがついているので、ハンズフリーや手動での操作も可能。リクエストした水温に向けての調節中は、LEDライトが赤から青へと点滅しながら変わり、その水温に達したら点灯状態になります。

200106moen
the U by Moen Smart Faucetはお望みの温度の水を必要な量だけ出してくれるので、計量カップは過去のものになるかも。
Photo: Moen

the U by Moen Smart Faucetのもっとも革新的な機能は、モバイルアプリあるいはスマートアシスタントの音声コマンド経由で、具体的な分量の水を正確に注いでくれるというもの。大さじ1杯から15ガロンまでの分量にメートル法と帝国単位で対応していて、しかもリクエストした具体的な温度で出してくれるとのこと。例えばユーザーが「華氏102度(摂氏約39度)の水を半カップ」とリクエストすれば、水が流れるのは蛇口の下に容器が置かれ検知されてからの一度だけ。

ご家庭にシェフやパン職人がいるなら、キッチンでのワークフローを劇的に改善するアップグレードになりそうです。

200106moen2
The U by Moen Smart Faucetはあらゆるデザインと仕上げで発売予定です
Photo: Moen

製品の価格は430ドルからで、蛇口のデザインと仕上げの種類によって変わります(Moenは既存の台所の装飾に合うよう、コレクションを丸ごと発表しています)。安くはないですが、U showerのアップグレードほど高価ではありません。そのうえ、設置作業はプロの配管工を雇わなくても行なえます。さらに台所のシンク下にコンセントがない場合に備えて、蛇口の電子部品は単一電池でも動くようになっているとか。レンチを使えれば、22世紀仕様のキッチンに改造できますよ。

Source: Moen

The U by Moen Smart Faucet ほしい?

  • 0
  • 0
Moen

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by