Twitterのジャック・ドーシーCEO、イーロン・マスクにアドバイスを求める。求めてしまう。

  • 5,036

  • author そうこ
Twitterのジャック・ドーシーCEO、イーロン・マスクにアドバイスを求める。求めてしまう。
Image: Marina Linchevska, rvlsoft/Shutterstock

ユニコーン的アドバイス?

世界的に有名で影響力のあるTwitter大好きお騒がせ人間と言えば、やっぱりトランプ大統領とイーロン・マスク氏。両者ともにTwitterやってなきゃトラブルも少なかろうにと思いつつ、もうTwitterが好きすぎてやらずにはいられないのでしょう。そんなTwitterラバーのマスク氏に、Twitterのジャック・ドーシーCEO自らがアドバイスを求めました。

ドーシーCEOは、Twitter社員数千人が集うイベントでのステージにて、テレビ通話を通してイーロン氏にソーシャルメディア運営について尋ねました。社員の中には、その様子をTwitterにアップする人も。ドーシーCEOは「何が足りていないのか、どうすればよくなるのか、どんな可能性があるのか率直な意見をお願いします。もし自分がTwitterを運営するとしたら、…運営したい?(笑)、運営するとしたらどうするか?」と質問。

これに対しマスク氏のアドバイスは、リアルアカウントとフェイクアカウントをわけること。生身の人間のツイートと、ボットがつぶやく非人間を区別すればより良いプラットフォームに一役買うのではと述べました。「このフィードバックはリアルなのか、巧妙に操作しようとするものなのか、たぶんリアルなのか、たぶん操作しようとするものなのかをどう見極めるか。ユーザーは何を求めているのか。特定のグループが情報操作しようとすることの何にユーザーは腹をたてるのか」。

Twitterは意見交換ができる場所だけに、発言する人の意図が重要。リアルな意見なのか、腹に一物抱えた情報操作された意見かを見極められる仕組みがあればいいのにということですね。まぁ、簡単にアカウント精査できないから悩みのタネは尽きないんですけど。

マスク氏の意見はドーシーCEOの目にはどう映ったのでしょう。Twitterお騒がせ人物なので、アドバイスを求める相手として適任か否かはさておき、アクティブユーザーかつやり手実業家の声には変わりありません。

Source: Business Insider

    あわせて読みたい