今年からテスト飛行開始! Uberの空のタクシーは2023年テイクオフ

  • author 中川真知子
今年からテスト飛行開始! Uberの空のタクシーは2023年テイクオフ
Image: Uber Air

まさに2020年らしいニュースですね!

20年代に突入するということは、もうすぐアレが始まるんですよ…。そう、Uberの空のタクシーです。Mashableによると、Uberは「Uber Air」を2023年にローンチする予定だそうですよ。

Uberは、カリフォルニアを拠点とするJoby Aviationと提携して、最大4人まで載せられるe-VTOL(電動の垂直離着陸可能な小型航空機)のサービス計画を発表しました。都市と都市の間を低高度で飛んで運んでくれるんですって。

Mashableは例として「ロスとラスベガス間のような…」と書いていますが、LAとベガスって、私が車で走った時は5時間くらいかかりましたが、果たしてe-VTOLで移動する距離なのか疑問なところ。これが短時間、低価格で提供できるなら、旅のあり方も激変する…!(気軽にギャンブルできるようになるから危険だけど)。

現時点で計画されているUber Airがローンチする街は、ダラスロスアンゼルス、そしてオーストラリアのメルボルンの3都市。デザインがなんとも未来っぽくなるらしいスカイポートは2023年までに完成予定で、テスト飛行は2020年開始ですって。うわー、ついにこの時が来た…!

私たちは当たり前のように飛行機に乗って移動しているので、空の旅はなにも珍しいことでないはずなのに、なんで「空のタクシー」となるとこんなにもワクワクドキドキ、そして同時に少しビクビクするのでしょうね。私は垂直離着陸機に乗り慣れていないし、飛行機のように「当たり前」になっていないから、自分が実際に乗るときには緊張してしまうと思います。遠いと思っていた未来が直ぐそこまできました。この進化の波に乗り遅れないようにしないと、あっという間に化石人になっちゃうんでしょうね…。がんばろう。

Source: Mashable

    あわせて読みたい