サポート終了したWindows 7、最終アップデートを行なうと…はい、虚無〜

  • 130,152

  • author 小暮ひさのり
サポート終了したWindows 7、最終アップデートを行なうと…はい、虚無〜
Image: 小暮ひさのり

んっ?虚無?

ええ、虚無。真っ黒の。ってなります。

1月14日にOSの延長サポートが終了したWindows 7。「あれは使いやすくて、安定していて名OSだったなぁ…」と感慨深いものも感じていますが、最後の月次アップデートで思わぬトラブルを残していきました。

更新プログラム「KB4534310」をインストール後、壁紙が真っ黒になるという謎の症状がMicrosoft Forumredditで報告されているのです。

僕もちょうど虚無に興味があるお年頃だったので、Windows 7のインストールディスクを引っ張り出して、「KB4534310」までアップデートしてみました(半日かかったよ!)。

で、結果はというと…。

200123win7k02
Image: 小暮ひさのり

はい、虚無〜。

半日費やして壁紙を虚無にすることに見事成功。やったね虚無、白いファイル名がくっきり見えるよ。

さて、虚無る原理ですが、どうやらこれは壁紙を拡大表示にしていると起こる不具合みたい。

200123win7k01
Image: 小暮ひさのり

「個人設定」→「デスクトップの背景」の壁紙の設定を「画面に合わせて伸縮」に設定すると、再起動後に虚無ります。「中央に表示」や「ページ横幅に合わせる」「ページ縦幅に合わせる」などでは虚無らなかったので、虚無ってしまった方はそちらをどうぞ。

というか、Microsoftはこのバグ直すんですかね? 延長サポート終了してますけど…。


Source: Microsoft Forum, reddit via PCWatch

    あわせて読みたい

    powered by