換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!
Photo: Shutterstock.com

えー、寒いの我慢してたのに。

冬は寒いし、夏は暑いしで、空調のきいたお家の中は常にしめっきり。換気しなくちゃ空気がこもる!と思って定期的に換気していましたが、あれ、ある視点ではそんなに意味がないとかなんとか。アメリカ、カナダの複数の大学が共同で行っている研究の一部分が論文として、Science Advancesに掲載されました。曰く、換気によって室内の空気はそんなに改善しない。少なくとも、この論文で焦点をあてている室内の化学物質に関しては、換気に大きな意味はないと。

調査したのは環境化学物質。実験用に準備された平屋にて、料理することで発生する物質、建物や家具の素材からでてくる物質など、屋内でよく見られる19種類の汚染物質(イソシアン酸や亜硝酸など)のレベルをリアルタイムで観測しました。これらの物質は、屋外だと空気中で蒸気となりますが、室内では壁や床の表面にくっついて残るのだといいます。そして、表面に付着してしまうと、換気くらいでは外にでていかないというのです。

これをみて、換気意味ない!家の中は化学物質でいっぱい!怖い!と思うのは早とちりですよ。研究を率いるトロント大学の化学教授Jonathan Abbatt氏いわく「研究でわかったのは、私たちが吸い込み吐き出す分子の多くは、室内ではモノに付着し、(換気したとしても)窓を閉じれば再び空気中を満たすことになるのです」とのこと。

ただし、換気にまったく意味がないわけではなく、あくまでも研究結果で言いたいのは「みなさんが思っているよりも効果は薄いですよ」ということ。また、論文リード執筆者のChen Wang氏も、「本研究は化学物質の室内での動きを調査したもので、健康被害を語るものではありません」と念押ししていますから。研究目的は、室内での物質の動きを知ることで、化学物質との付き合い方(例えば呼吸よりも肌が触れるものに気を配るべきなど)を探ることですから。

最後にもう一度。しつこいですが、これは換気と化学物質のお話。暖房器具使用中の換気はまったく別のお話なので、そっちはしっかりね!

    あわせて読みたい

    powered by