【読者限定で25%オフ】MacBook Proもスマホも同時充電! RAVPowerのモバイルバッテリーを使ってみた

  • 7,757

  • Buy
  • author ヤマダユウス型
【読者限定で25%オフ】MacBook Proもスマホも同時充電! RAVPowerのモバイルバッテリーを使ってみた
Photo: ヤマダユウス型

コンセントがなくても、うろたえないッ。

ガジェットは便利な反面、ともすれば僕たちの生活を縛る部分もありますよね。その最たるものは、やはりバッテリー。2020年、いやきっと2030年とかになっても、我々人類はコンセントという安住の地を求め続けるでしょう。スマホはもはや俺の臓器!

そんなわけで、モバイルバッテリーの世界も日進月歩で進化しており、新製品がいっぱい出ています。

そこで今回は、2020年2月7日発売のRAVPowerの60W出力モバイルバッテリー「RP-PB201」をさっそく使ってみました。

信頼できるタップリ容量

200203ravpower_02
Photo: ヤマダユウス型

容量は安心の20,000mAh。たいていのスマホなら3〜5回ほど充電できる充分な容量をもっています。バッテリー本体への満充電は約3時間。

10,000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB186」の後継にあたりますが、容量は倍になりつつもサイズはコンパクトなまま。

200203ravpower_03
Photo: ヤマダユウス型

Type-C端子は最大60W、Type-A端子は最大18Wの出力に対応。60Wということは、iPad ProやMacBook Proへの給電もOK。コンセントがないカフェに来ちゃっても、コレがあれば存分にお仕事ができますね! わぁい僕お仕事大好き!

200203ravpower_04
Photo: ヤマダユウス型

表示インジケーターは4段。全体的にフラットでシンプルなデザインですが、端子部やインジケーター部分だけがぐるっと囲われていて、位置表示的にもわかりやすく良いアクセントになっています。

とっさのときに嬉しい、同時充電

「RP-PB201」は、20,000mAhのモバイルバッテリーの中では最小クラス。20,000mAhって、「容量のK点」みたいなとこありますよね。それはさておき、この大容量を活かすべく、同時充電にも対応しています。

200203ravpower_05
Photo: ヤマダユウス型

Type-C端子でMacBook ProをType-Aで端子でiPhoneを充電。PCもスマホも逝ってしまいそうな絶望的な状況であっても、RAVPowerならダブルレスキュー可能。ただしケーブル内蔵ではないので、そこだけは忘れずに。

200203ravpower_06
Photo: ヤマダユウス型

僕の場合は、モバイルルーターの充電で、たびたび活躍してくれました。モバイルルーターって、バッテリー保護のために満充電70%の設定ってできるじゃないですか。すると、一度充電を忘れるだけで容量ヤバスなときも結構あって。RAVPowerはPCとモバイルルーターを同時充電できるので、かなり助けられました。

このサイズなら仕事用だけでなく、プライベート用としてバッグに常備しておけるでしょう。お守りよりはかさばりますけど、お守り以上にガジェットを救ってくれるのは間違いありません。バッテリーの余裕は心の余裕、間違いない。

「RP-PB201」はブラックとホワイトの2カラー展開。ブラックのみ2月7日に発売、ホワイトは2月14日に発売の予定です。

そんな「RP-PB201」の通常価格は7,599円(税込)ですが、この記事を読んでくれた読者限定セールを開催します! Amazonでご購入の際に、下記のクーポンコードを入れると25%オフの5,699円になりますよ。

クーポンコードは「PB201GIZ」。

クーポンの使用は、以下のAmazonの販売ページにてご購入いただく際に、お支払い方法選択画面や注文確認画面で上記クーポンコードを入力すれば割引が適応されます(ただし、対象はブラックのみ)。アイテムの詳細や購入は以下のリンクより。

読者限定セールは、2020年2月9日(日) 23:59まで(クーポンには限りがあるため、早期終了の可能性もございます)。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。


Source: RAVPower, Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by