Android 11 開発者プレビュー版で見つかった新機能ベスト11

  • 15,696

Android 11 開発者プレビュー版で見つかった新機能ベスト11

Android 11がくるぞー!

Googleは、次期Android OSとなるAndroid 11の開発者プレビュー版を公開しました。開発者向けに公開する初期段階のため、OSの挙動は不安定ですが、今後数ヶ月かけて改善や機能が追加されていく予定です。

5月に開催されるGoogle IO 2020までは、Android 11に関する公式リリースの発表は行われませんが、開発者プレビュー版からいくつかの注目すべき機能が確認できました。ちなみに、公式リリースの前に新機能を含む開発者プレビュー版が公開されることは特別でもリークでもなくいつも通りのことです。

Googleが、今回のAndroid 11 開発者向けプレビュー版で導入した機能についてご紹介していきます。なお、開発者であっても今の段階でOSをインストールすることはおすすめしません。新しいAndroidをいち早く触ってみたい方も、5月のβ版公開まで待ったほうが良いと思います。

そしてAndroid 11が公式リリースされる2020年第3四半期の間に、さらに多くの機能が追加されるはずです。それを踏まえつつ、今回紹介するAndroid 11の新機能が全てではないという前提でご覧ください。

1. 画面録画機能

Android 10の初期プレビュー版にはあったものの、不具合が多く実装されなかった「画面録画」機能が、Android 11で復活したようです。

「クイック設定パネル」に「Screen Record」アイコンが追加されています。アイコンをタップすると、画面録画が開始されます。今のところ音声を録音する機能はないようですが、今後の機能開発で追加されるかもしれません。Android 11の公式リリースまで、画面録画機能が残るかどうか、期待して待ちたいところです。

2. お気に入りのアプリを共有メニューに固定

過去のAndroid OSには、お気に入りのアプリを[共有]メニューに固定し、いつでもアクセスできるような機能がありました。この機能は便利で、なぜこの機能が消えたのか不思議でしたが、Android 11では復活しているようです。

3.通知履歴

XDA Developers によるAndroid 11のデモでは、通知履歴画面が新しくなっているようです。

「最近消去した通知」も確認できるようになっています。ただし今の開発者プレビュー版のUIはわかりづらく、レイアウトもイマイチです。最終的なOSのリリースで、どのくらい改善されるのでしょうか。

4.ダークモードのスケジュール設定が可能に

20200227_android
Screenshot: Gizmodo US

AndroidのダークモードがiOSよりイケてなかったところは、日没や日の出の時間など、特定の時間に自動的にオンオフなどのスケジュール設定ができないことです。

Android 11では、毎回手動でオンオフするのではなく、カスタマイズでダークモードのスケジュールを設定したり、現在いる地域の日没時間に合わせてダークモードにすることが可能になります。

5.機内モードでもBluetooth接続を維持

地味だけど重要な改善点のひとつは、機内モード周りです。

Android 10までは、機内モードをオンにするとBluetoothも切れる仕様になっていましたが、デバイスに接続している場合はBluetoothはオンのままになります。例えば音楽やオーディオブック、ポッドキャストを聴いている際に機内モードをオンにしても、強制的に切断される心配がなくなります。

6.ワンタイム・パーミッション

20200227_android2
Screenshot: Gizmodo US

アプリのアクセス権を「今回のみ」許可する仕様が追加されました。

Android 10までは「アプリの実行中」「常時」「許可しない」で、GPSなどの位置情報にアクセスを許可していましたが、今回のワンタイム・パーミッションの実装により、カメラアプリに位置情報など「今回のみ」許可することができます。 iOSではすでに存在する機能ですね。

その後、アプリがそのデータを再度必要とする場合は、再度アクセスの許可を求めてきます。ワンタイム・パーミッションは位置情報だけではなくカメラやマイクなどプライバシーに関わるものにも有効です。

7. 新しいメディアコントロール

このアップデートが良いのか現時点ではなんとも言えませんし、まだまだ要調整だとは思いますが、新UIです。(デフォルトでは非表示ですが)

9to5Googleによれば、音楽や動画を再生すると通知画面にメディアコントロールが表示されますが、Android 11ではクイック設定パネルに移動するようです。これにより、プログレスバーの表示先などいくつか懸念点がありますが、全体的にAndroidのインターフェースはすっきりするかもしれません。

8. 通知画面の中のメッセージアプリ

20200227_android3
Screenshot: Gizmodo US

Android 11からは、メッセージアプリは、通知履歴画面でさらに目立つようになりそうです。

この機能はAndroid 11 開発者プレビュー版としてもまだまだ荒削りですが、誰かとのやりとりの履歴は、通知画面の中でも別のセクションに表示されます。アプリを開かなくても、通知画面のプルダウンから直接チャットを続けることもできます。

9.モーションセンスで音楽の停止・一時停止

Pixel 4またはPixel 4 XLには、スマホに触れず操作できる「モーションセンス」が搭載されていて、Android 11ではさらに新しいジェスチャが追加されます(Max Weinbach氏のデモがわかりやすいです)。

スマートフォンの上に手をかざすと音楽を停止・一時停止できるようになるようです。Googleは、今後もモーションセンスにさらに多くのジェスチャーを追加すると約束していましたが、これはそのうちのひとつでしょう。

10.メッセージングアプリの「吹き出し」がデフォルトに

Android 11では、「吹き出し」が追加されます(Facebook Messengerのように、画面上にポップアップし、他のアプリや画面の上に重ねて表示される小さな円です) 。

Androidでは、これまでに限られた機能範囲で使用していましたが、新しい開発者プレビュー版ではメッセージングアプリで、「吹き出し」の設定があり、この機能をサポートするアプリは、デフォルトで「有効」になっています。

11.背面をダブルタップして起動

そして最後。Pixelで、スマホ本体の背面をダブルタップすることでアプリを起動できるようになります。

XDA Developers によると、背面をダブルタップすることでカメラを起動したりGoogle アシスタントを開いたり、アラームをスヌーズできるようになります。

    あわせて読みたい