ベテルギウスが変形してるように見えますね

  • 45,091

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 山田ちとら
ベテルギウスが変形してるように見えますね
Image: ESO/M. Montargès et al. via Gizmodo US

あのベテルギウスにさらなる異変が起きています。

最期が近いと思われるベテルギウスは、これまでもさんざん思わせぶりな挙動をしており、もういいかげんさっさと爆発しちゃえば!と言いたくなるような状況が続いていました。昨年末から急速に明るさを失い続け、近いうちに超新星爆発を起こすんじゃないかと噂され続けているんですが…。

このたびヨーロッパ南天天文台(ESO)が運営する超大型望遠鏡(VLT)が捉えたベテルギウスの最新の画像が公開され、暗くなっているだけでなくかたちも変わっていることがわかったそうなんです。

大幅に減光中

おなじみオリオン座の左上に輝くベテルギウス。星としてはまだ「若い」とされる1000万歳なのにも関わらず、すでに老年期にさしかかっている赤色超巨星に分類されています。地球から約642光年離れたところからひときわ明るく輝いているように見えつつも、最近どんどん暗くなってきていました。

ベテルギウスはもともと変光星といって明るさが変動する星なんですが、ESOのプレスリリースによれば現在では元の明るさの36%しかないそう。

質量が太陽の8倍以上ある星はII型超新星爆発を起こすと言われますが、太陽の約20倍の質量を持つベテルギウスはまさにこれ。II型超新星は、星の内部で核融合の燃料を使い果たすと星を支えていた圧力が下がり、重力に抗えなくなって一気に崩壊して大爆発を起こします。

そして、その中心には中性子星かブラックホールができると言われています。

暗く歪んだベテルギウス

ベルギーにあるルーベン・カトリック大学の天文学者、Miguel Montargèsさんは、昨年12月からESOのVLTを使ってベテルギウスを観測し続けてきました。ESOのSPHERE(Spectro-Polarimetric High-contrast Exo-planet REsearch)の観測装置が捉えたベテルギウスの最近の姿(右下)を一年前の姿と比べてみると、その差は歴然…。

Image: ESO/M. Montargès et al. via Gizmodo US

2019年12月の画像のほうが明らかに暗く、そして変形していますね。

だからといって、超新星爆発はすぐには起こらないだろうというのがMontargèsさんの憶測です。明滅を繰り返す変光星なのでたまたま暗い周期を迎えているか、熱エネルギーが星の表面を波打っているか、または地球方面へ向かって塵やガスを放出しているか、爆発以外にも様々なシナリオが考えられるのがその理由。そして「ただ明滅してるだけ」説は、パリで赤外線カメラを使って撮影した別の観測結果とも一致するそうです。

ただし、これらのシナリオはいずれも超新星爆発の可能性を否定していません。科学者の予想に反してある日突然ドッカーーーンとなる可能性も無きにしも非ず。

そしてもし本当に爆発した場合、その輝きは夜空の月より明るく、日中も肉眼で見られるほどなんだとか。そんなのリアルに観てみたいに決まってますよね。爆発した後にはブラックホールが残るっていうところも好奇心をそそられます。

テンションは上がる一方ですが、天文学者によればベテルギウスが爆発する時間枠は100,000年。その100,000年間のうちわりとすぐ起こってくれないかなぁ?

ベテルギウスを見る会の招待状 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by