米軍が自粛令。突然終わったDNA検査ブーム

  • 6,552

  • author satomi
米軍が自粛令。突然終わったDNA検査ブーム
Image: CBS 真珠湾攻撃の混乱で入れ替わっていた弟と奇跡の再会を果たしたスーザンさん

NPEは「親が違っていた(not parent expected)」の頭文字。

DNAテストで出生の秘密がわかって、誰にも言えない悩みを抱えた人が集まる会「NPE Friends」には、発足2年で現在会員が7,000人もいます。

そんなこともあって、成人の7人に1人がDNA鑑定経験者のアメリカでは、クリスマスや誕生日にDNA検査キットを身内にプレゼントして先祖探しするというブームが去年からすっかり下火になって、先月の23andMeに続き、Ancesterも今月とうとう100人のレイオフを発表しました。23andMeもAncesterもアメリカのDNA検査会社です。

昨年のクリスマスイブには、米軍内で使用自粛の通達が出回っていることもわかり、保険や内申に響く不安も広まっていますよ。

なぜ軍が禁じるの?

Yahoo!が入手した米国防総省の通達には、使用を禁じる理由として「遺伝子情報をネットに公開すると、身体および任務にリスクが生じるため」という説明があります。採取したDNAをネットで照合すれば、攻撃主とその身内の身元が簡単に割れるので報復しやすくなるし、覆面工作ができなくなるということみたい。

また、Forbesは、親族の既往症やゲイの傾向が軍に知られるリスクについても言及しています。

「ゲイは子どもができないはずなのになぜ一定数生き残るのか」という往年の疑問に対し、2017年に行われたある調査では、「ゲイ男子は、女の子に不自由しないヘテロ男子と共通の遺伝子を持ち、身体的にモテ系の傾向が強いため子孫に不自由しないのかも」という一定の回答が示されています。

このとき調査で使われたのが、英UKKBと米23andMeの鑑定キットで採取された遺伝子データです。いちおうウェブに告知を行なってから使用したようですが、こういう調査にも使われるということは、いつどこからどういう形で米軍に漏れるか知れたものではない、ということになります。

遺伝子情報は「傾向」であって100%そうなると決まったわけではありませんし、エラーだって結構あります。そのため、遺伝子という不確実な情報をもとに雇用主が採用や昇進・降格を決めたり、保険会社が査定を行なうことは、アメリカでは遺伝子情報差別禁止法(GINA)で固く禁じられています。「(間違いも多いのに)鑑定結果でキャリアに影響が出てはたいへんですからね」と軍報道官はNY Timesに説明しています

黄金州の殺人鬼の家族、その後

もうひとつ、DNA検査キットがさっぱり売れなくなった理由を考えるとき避けて通れないのが、2018年の黄金州の殺人鬼逮捕劇です。殺人12件、性的暴行50件、住居侵入120件を70年代半ばから10年間繰り返し、カリフォルニア全土を震撼させた世紀のシリアルキラー。迷宮入りとだれもがあきらめていた猟奇事件は、GEDmatch社が当時オンラインに公開していた利用者のDNAデータと犯人が残したDNAとの照合で、親類縁者10~20人がヒットしたところから捜査が急展開を見せます。

家系図のプロが遺伝子の家系図を絞り込んで逮捕されたのは、8,000人余りの捜査線上に一度も浮上したことのない元警官、ジョセフ・ジェームズ・ディアンジェロ容疑者。被害者遺族は涙を流して逮捕を喜びましたが、加害者の身内は悲惨でした。

1973年に離婚済みだった元妻(弁護士)のYelpページには脅迫コメントの山。Redditには特定厨から3分に1本のペースで身内の実名、住所、電話番号の投稿が行なわれて管理人が削除に追われ、嫌がらせは容疑者の娘3人、元婚約者にまでおよび、あらゆるSNSアカウントが削除または非公開モードに切り替わりました。あれを見たら「DNA捜査の快挙」と思う反面、「身内が犯人だったら…」と誰もが考えてしまいます。自分がいくら清く正しく生きていても、昔に別れた人の罪まで背負わされるんじゃ、たまったもんじゃありません…。

未知の親せきが見つかる人が27%

遺伝子情報のデータベースが膨大になるにつれ、一網打尽に血縁者が検索できるようになったのはよかったんですけど、中には「これ誰よ?」という血縁者までヒットする事案もうなぎのぼりに増えています。ピュー研究所が行なった調査では全体の27%もいるんだそうですよ?

20200211pewresearch_DNATestingSurprise
Image: Pew Research

たとえばこの記事のトップ画像は、真珠湾攻撃で全米がパニックになった日、ミシガンの産院で生まれた弟がほかの男の子と入れ替わっていたことが戦後65年余り経ってからDNA鑑定でわかり、奇跡の再会を果たした姉と弟です。こんな風にDNAマッチング機能を有効にすると、50%、25%といったマッチ度と相手方のデータが表示され、互いに連絡を取り合えるようになっているんですね。

0217Tom_san
Image: CBS Sunday Morning/YouTube
0217siblings
Image: CBS Sunday Morning/YouTube

一緒に育った弟はすでに他界しています。血のつながった弟のトムさんはTV番組に出演して、「血のつながった家族でなかったと知って3歳年上のおばに相談したら、あなたはずっとうちの家族よ、と言ってくれました」と涙で声を詰まらせています。日本も無縁ではないので、こんな遠くのほうにまで影響が出ていたのかと、なんとも言えない気持ちになりますね…。

トムさんは双方とも温かい家庭に恵まれましたが、そうではないケースもあります。センクレアさんは、育ての父親と血がつながっていなかったと知ってショックで打ちのめされたひとり。実の父親は、母親が数か月勤務していたお店の店主とわかったのですが、返事は今もありません。孤独に駆られて立ち上げたNPE Friendsの仲間が、今は心の支えです

もうひとつは、DNA鑑定で腹違いの兄弟が増えたケース。父親は「まったく覚えていない。27年前はモテ期だった。本当に記憶にない」と悪びれずに語り、婚外子が苦笑いしていて草が生えます。ずっと探していた父親がいい人でよかったと本当にうれしそう。

あと、アメリカでは精子ドナーの子どもたちが一堂に集まって壮大な同窓会を開き、歌って踊って再会を喜び合うケースも珍しくありません。腹違いの兄弟が見つかると通知が鳴りっぱなしになる事案ですね。最近もABC放送の番組で女性エディターが「半分血のつながった兄弟がマンハッタンの同じビルで働いていた!」という驚きの体験を語っていました。スタジオの招きで全員対面を果たしています。いやあ…。

Video: Strahan Sara and Keke/YouTube

こんな実例を見ていると、悲喜こもごもあり、そう簡単に検査できなくなりますよね。DNAテストするときには、遠い先祖のルーツ以外にも隠し子、養子、取り違え、事件、パワードナー、記憶にない子、同じビルで働く兄弟などがわかるリスクも考慮して綿棒送りましょうね。パンドラの箱は開けたら最後。元には戻せないのだから。

Source: Yahoo!ForbesNY Times

Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい