3km先でも撃ち落とす! イスラエル発のドローン破壊レーザー光線「DRONE DOME」

  • 31,577

  • author 岡本玄介
3km先でも撃ち落とす! イスラエル発のドローン破壊レーザー光線「DRONE DOME」
Image: RAFAEL

遠くてもピンポイントで撃墜。

イスラエルの軍事・防衛関連企業ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズが、3.4kmも離れた場所を飛んでいるドローンを追撃するレーザー装備「DRONE DOME C-UAS LASER SYSTEM」を開発しました。

これは車載可能で、1台あればドローンの発見、飛行経路の追跡、そしてレーザー照射をやってのけます。もしドローンが空中で蛇行していても、複数のドローンが飛んでいても問題なし。的確に狙い撃ちするのです。

Video: Rafael Advanced Defense Systems Ltd/YouTube

ドローンのカメラから見たとき、遠くから強烈なピンク色の光が放たれているのがわかりますね。おそらく撃墜されたドローンの操縦者は、何が起きたかわからないことでしょう。

どんな状況で活躍するか?

続いて、初期のモデルの映像ですが、ドローンによる爆撃を企てているテロリスト集団に、こういったレーザー装備が対応しているシミュレーション映像もどうぞ。

Video: Rafael Advanced Defense Systems Ltd/YouTube

こちらは360度レーダーとカメラが別々で、レーザーによるハード・キルだけでなくジャマーがドローンを電波妨害して落とすソフト・キルを行なうこともできます。そして基地や発電所、国境、空港、政府機関の建物の壁などに設置して、飛んでくるドローンを最小限の被害で迎撃します。

RAFAELによりますと、「DRONE DOME」は既存のセンサーなど別のシステムと組み合わせられ、いかなる気象条件にも対応する、とあります(レーザーは霧や雨などで拡散してしまう)。今これが対応しているのはドローンだけですが、いつの日か来るかもしれない、ゾンビ・アポカリプスにも対応できそうですよね。

200219_dronedome1
Image: RAFAEL

その他のドローン対策

これまで敵対するドローンに対しては、網を放つキャノン砲や、1発400万円で小型ドローンを撃ち落とすスティンガーミサイルが開発されたり、ロシアの空飛ぶショットガンが爆誕したこともありました。

また1970年から対無人航空機レーザー兵器の実験をしているアメリカ軍も、ほぼ無限に連射できる対ドローン用レーザー兵器を導入しています。イスラエルもこの波に乗った感じですが、いろいろ踏まえると、何だかんだでレーザービームが一番正確で効率的かなぁと思います。

Source: YouTube (1, 2) via The Awesomer, RAFAEL

一家に一台、対ドローン装備 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by