渋滞してる?してない?99台の中古スマホでGoogle マップを騙す実験アート

  • 7,383

  • author 岡本玄介
渋滞してる?してない?99台の中古スマホでGoogle マップを騙す実験アート
Image: Simon Weckert/YouTube

Google マップを開いた大量のスマホがノロノロ移動すると…?

2005年にサービスが立ち上がったGoogle マップ。見ていると交通情報をリアルタイムに反映し、渋滞している道が赤く表示されますよね。

この機能を逆手にとる実験が行なわれました。ドイツのデジタル・アーティストが人為的にGoogle Mapに対して「あたかも渋滞させたように見せるハッキング」をやってのけたのです。

Google マップが勘違い

このプロジェクト名は「Google Maps Hacks」。男性がラジオフライヤー(ワゴン)に99台の中古スマホを載せて、ただチンタラ歩くだけの動画(音量注意)が公開されていますが…実はその裏で、Google マップは「ここで渋滞がおきている」と勘違いしているのです。

Video: Simon Weckert/YouTube

シュプレー川に掛かる橋や、ベルリンのGoogle本社前が仮想的に大渋滞してしまいました。ちょっと興味深いのは、99台のスマホは一箇所にあるのに、アプリは路上の結構な距離を渋滞していると判断している点。何かのアルゴリズムが働いているのだと思いますが、おもしろいですね。

リアルタイムでマップを開いているスマホが要

取り挙げたSLASH GEARによりますと、この「Google Maps Hacks」をやってのけたのは、ベルリンにお住まいのデジタル・アーティスト、サイモン・ウェッカートさん。交通量を検知するのは、Googleが現地でGoogle マップを使っている人の量をシステムが計算しているからだと書いています。

Ossanitというブログにて、その仕組みが紹介されていました。いわく、スマホ版のアプリにある「位置情報の利用を許可」をONにしておくことで、Googleが現在位置情報を吸い上げており、それが検索、経路検索、ナビなどのGoogleのサービスで使用されるようになっている、とあります。

なので一応便利なサービスを享受するためとはいえ、ユーザーたちは知らぬ間に自分の現在位置情報をGoogleに献上しているのです。

今では個人だけに限らず、出会い系アプリでも配達系アプリでも、フィットネス・トラッカーやタクシーのアプリでも利用されるGoogle マップ。もうコレなしでは成立しないサービスが多々あります。このハッキングを行なうにはかなりの労力が必要ですが、意外をカンタンに騙せてしまうんですね。

なぜ99台?

しかしどうして、スマホを99台用意したのでしょうか? 勝手な憶測ですが、それはドイツが生んだポップスの大ヒット曲『ロックバルーンは99』に因んだのかなぁ…なんて思いました。50でも100でも良いのに99…果たして真実は?

Video: NENA/YouTube

Source:YouTube (1, 2), Simon Weckert via SLASH GEAR, Ossanit

    あわせて読みたい

    powered by