鉄道や空港の乗客をスキャンするAI赤外線センサーを、バイドゥが開発【コロナウイルス】

  • author 岡本玄介
鉄道や空港の乗客をスキャンするAI赤外線センサーを、バイドゥが開発【コロナウイルス】
Image: Shutterstock.com

監視社会は、こういう風に使うのが理想的?

武漢を中心に世界へと広がっている新型肺炎、コロナウイルス。中国は感染患者を収容する病院を10日間で建設してしまうスピード感で対処していますが、最近ではBaidu(バイドゥ)が作ったAI赤外線センサーがサクっと導入され、駅や空港にて電車や飛行機の乗客をスキャンし、潜在的な感染者を炙り出しているのだそうです。

知らぬ間に赤外線でチェックされている

Futurismによりますと、このスキャンは歩行中の人たちの顔に、熱がないかどうか検知するために使用されているそうで、たとえば検問所のような場所でひとりずつを止めるようなことはないようです。

またSouth China Morning Postでは、このスキャンは北京や深センといった都市部で導入され、AIビッグデータを活用して円滑なチェックを行っていると伝えています。ちなみに検出できる体温は、0.05度の単位までお見通しですって。

監視社会の為せるワザ

ディストピアな監視社会が実現している中国では、たとえば中国警察が顔認証サングラスを導入していたり、高校では「生徒監視システム」が採用されていたり、はたまた「借金持ち」の人を密告するスマホ用アプリなんてものも存在します。その結果のひとつとして、以前には180万人を超える女性のデータベースが見つかり、そこには「繁殖可能」の可否を示す欄まであったというから、もはや個人的すぎる情報はダダ漏れとなっているようです。

ともあれ、新型ウイルス感染者を見つけるためであれば、人民監視システムは人々にとっていくらかメリットとして還元されそうです。これで感染者を特定/保護できれば、さらなる被害が抑えられることでしょう。

もっとも、感染者は10日間で完成した火神山医院に連行されちゃうのかもしれませんけども…。

Video: CGTN/YouTube

鉄格子付きです。治療については推して知るべし。

Source: South China Morning Post via Futurism, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by