まるでジェット機! ヤマハが32年前に作った幻の水中翼船を復活させる

  • 26,570

  • author 岡本玄介
まるでジェット機! ヤマハが32年前に作った幻の水中翼船を復活させる
Image: YAMAHA via NEW ATLAS

世代を超えたモノ作りにかける情熱…ロマンですねぇ。

昔々、1988年に開催された「東京国際ボートショー」に、“夢のボート”としてヤマハが出展した「OU-32」というプロトタイプの水中翼船がありました。

ですがその後30年ちょっとの間、倉庫でひっそりと眠ることとなり、最近になってから倉庫整理で発見され、マリン事業本部ボート開発部の人たちが「修理して走らせたい! ぜひ乗ってみたい!」という一心で蘇った、とヤマハのmynewsdeskが伝えています。

水中翼船とは

手漕ぎボートのように船底が水面下に沈むのではなく、推進力で水上に浮き上がり、水の抵抗を最小限に抑える水中翼を備えた水中翼船。英語ではハイドロフォイルと呼ばれます。今ではレジャー用の小型ボートでも大型船でも、さまざまなタイプが見られます。

最初に作った人物

デザインをしたのは、1960年にヤマハでボート事業を立ち上げた故・堀内浩太郎氏。Kazumoto Iguchi's blogによりますと、この方は東大航空流体工学科出身のエンジニアで、東京五輪ボート競技の日本コーチでもあり、83歳のときにボート競技の世界マスターズ選手権の2種目で優勝された、という10歳からボートに親しんできた偉人のような方なのだそうです。

修復に関して

幸いにも、「OU-32」には図面が残されていました。それを元にして、水漏れの修理、座席のレイアウト変更、エンジン換装などに2カ月を要し、実際に走らせてみたのだとか。ですが操縦にはかなりの技術が必要であることが判明し、改めて堀内氏の思想や遊び心が伝わってきたのだそうです。

200204_yamaha2
Image: YAMAHA via NEW ATLAS

「OU-32」が走る様子

検索してみると、発表当時のDVDがYouTubeにありました。ちなみにこの動画ですら、公開は2007年だったりします。

Video: Ray Vellinga/YouTube

ジェット機のような、弾丸のような、そして今でも色褪せないデザインです。船体重量は約358kgで、水面から45cmほど浮上し、最高時速64kmで水の上を“飛ぶ”のです。

動画の後半では、堀内氏が1953年に初の水中翼船を作ったことが示され、それ以降進化を繰り返し、12人乗りの超特急みたいなものまで構想されていたとのこと。堀内氏は水中翼船の父みたいな人なのですね。

復活してもお蔵入り

結局「OU-32」はショーの発表から発売されることもなく、そして今後も世に出る計画はないそうです。ですが30年前に(おそらく製品化を目指して)作られた小型水中翼船は、とにかく革命的に先進的だった模様。ヤマハの中の人たちですが、「本でしか見たことなかった」というこの船、売らないまでも時には姿を現して、私たちの目を楽しませてほしいと思います。

Source: NEW ATLAS, mynewsdesk, Kazumoto Iguchi's blog, YouTube

    あわせて読みたい