指、気を付けて! 時速200kmでトランプが飛び出す銃

  • 6,844

指、気を付けて! 時速200kmでトランプが飛び出す銃
Gif: The Practical Engineer (YouTube)

このトランプはよく切れそう。

ユーチューバーのThe Practical Engineerは、自身のエンジニアリングスキルと建築スキルを活かした動画を日々YouTubeに投稿しています。そんなトランプ銃も彼の発明品のひとつです。

印象に残ることは間違いありませんが、そもそも時速200kmでトランプを打ち出すハンドブラスターを実際に必要とする人なんているんでしょうか…?

2つの最強モーターがトランプを凶器へ変える

動画では、このトランプ銃のからくりについて詳しく語られています。さらに彼のブログにはトランプ銃のデザインやメカニズムについての詳細が載っているので、気になる方はぜひそちらもご覧ください。

トランプ銃には、2つのモーターが欠かせません。ひとつはカードを1枚ずつトランプの束からスライドさせる役割を果たし、もうひとつは毎分2万5000回の速さで回転しながら勢いよくトランプを飛ばすために使われます。この2つのモーターが組み合わさることにより、ブラスターから打ち出されたカードは回転しながらも速度と安定性が向上するのです。

Video: The Practical Engineer/YouTube

トランプが時速200Kmで宙を舞う

このトランプ銃は、元NASAのエンジニアでもあるMark Rober氏が作ったトランプブラスターからインスパイアを受けています。The Practical Engineerが手掛けたトランプ銃は、Mark氏のモデルよりもコンパクトですが、動画からわかるようにさらに恐ろしい銃に仕上がっています。ハイスピードカメラが捉えた映像によると、トランプの速さは時速200Kmを記録したとのこと。

もっと早くできます。でもその分危険度もアップ!

ブログによると、時速200Kmを記録したときのトランプ銃はフルパワーではなく、60%ほどの出力だったとのこと。動画でも何回かモーターのスピードを調整している様子が見られましたが、安全性を考えるとこの出力が限界といったところなんでしょう。

より速く、さらに遠くまでカードを飛ばすことは可能と思われますが、出力ををさらに高めると同時にトランプ銃は非常に危険な状態となり銃本体を持つことすら危うくなります

どちらにしても、このトランプ銃によって指を失くす人が出てきそうな気がしてなりません。使うときは気を付けて!

    あわせて読みたい