実写版『ムーラン』、ディズニーにしては珍しいPG-13指定

  • 5,502

実写版『ムーラン』、ディズニーにしては珍しいPG-13指定
Image: Disney

ここ数年、自社のアニメーションの実写版を作り続けてきたディズニーが、今度は『ムーラン』を実写化します。実写版『ムーラン』は、ディズニーによる実写版リメイク作品として初めてアメリカでPG-13指定を受けることになった珍しい作品となりました。

年齢制限の理由は暴力シーン?

The Hollywood Reporter によると、アメリカ映画協会(MPAA)が実写版『ムーラン』にPG-13(13才未満の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要。)を指定した理由は”暴力的なシーン"が含まれているためだとか。(おそらく戦闘シーンが該当するのでしょう。)

G(全年齢対象)に指定されているグレン・クローズ主演の『101』(101匹わんちゃんがオリジナルの実写映画)2作を除くと、ディズニーによる実写版リメイク作品はすべてPG指定ということになります。これらの年齢制限の理由は、ほとんどがアクションシーンやファンタジーバイオレンスシーンによるものです。

実写版『ムーラン』は今までの実写版リメイクとは大きく離れた作品ですオリジナルのアニメーション同様にミュージカルシーンが含まれる実写版『美女と野獣』『ライオン・キング』とは異なり、実写版『ムーラン』は、アニメーション版の物語中国の伝説がベースとされています。実写版には残念ながら(?)ミュージカルシーンが存在せず、さらにはファ家の守護龍、ムーシューやムーランが所属する部隊長のシャン隊長までもが登場しないんだとか...。

ディズニー映画でPG-13指定を受けた作品はわずか10本だけ

実写版『ムーラン』は、ウォルト・ディズニー・スタジオ作品としてPG-13指定を受けた数少ない作品となりました。ちなみに、PG-13指定が始まったのは1984年とのこと。2003年に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』を含め、ウォルト・ディズニー・スタジオ作品でPG-13に指定された作品は10本のみ。そのうちの半分は、『パイレーツ』シリーズによるものです。あと、ディズニー製作によるPG-13指定のアニメーション作品は未だに作られていません*。

*ディズニー傘下の「タッチストーン・ピクチャーズ」「20世紀スタジオ(旧:20世紀フォックス)」マーベルルーカスフィルムの作品は含んでいませんよ!

実写版『ムーラン』はディズニーの大きな賭け

ディズニーが自社のイメージを損なわないためにも、PG-13指定を避けるのも不思議ではありません。PG-13指定の作品でも『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは興行的に大成功を収め、『ウォルト・ディズニーの約束』も興行的に成功しています。対して、『ローン・レンジャー』『ジョン・カーター』興行的に失敗『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』もその1つですが、『パイレーツ』シリーズに代わる新たなフランチャイズになるとか、ならないとか....。

まもなく公開を迎える実写版『ムーラン』は、ディズニーの大きな賭けでもあります。きっと、たくさんの観客から親しまれる作品になるとは思いますが...。

映画『ムーラン』は4月17日(金)全国ロードショーです。

あわせて読みたい

powered by