新型コロナウイルスでMWCが中止に...。今年は「バーチャルMWC」だね

  • 8,313

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
新型コロナウイルスでMWCが中止に...。今年は「バーチャルMWC」だね
Image: David Ramos / ゲッティイメージズ

新型ガジェットの発表ライブに期待。

新型コロナウイルスことCOVID-19の影響で、スペインで2月24日から予定されてた年に1度のモバイル祭り「MWC」が開催中止となってしまいました…。すでにLGやZTEソニー、Amazonなど各社が続々と出展中止を発表していて、どうなるかなーって心配してたんですが、主催者のGSMAから公式に中止が発表されました。

MWC中止が決まる前から、COVID-19の流行を理由とした出展中止の発表が相次いでました。早いところではエリクソンやLGにZTE、その後FacebookにAmazonにCisco、AT&TにSprint、IntelにNvidia、日本勢でも上に書いたようにソニーやNTTドコモや楽天モバイル、などなどなどがすでに撤退を表明していて、TechCrunchがまとめた撤退企業リストだけでもちょっとした展示会ができそうな勢いでした。

主催のGSMAはぎりぎりまで「予定通り決行」としていて、無事開催するための安全策、たとえば中国湖北省からの参加禁止、体温スキャナ設置といった方策を打ち出してはいました。でもGSMAが今週14日に会議を開いてMWCを本当に決行するかどうか決める、という情報が流れてきて、雲行きがあやしくなり始めました。12日にはフランスの通信会社Orangeが出展中止を決め、OrangeのCEOはGSMAのトップでもあるので、その筋では不吉な予感が走っていました。

その後BloombergFinancial TimesがMWC中止をフライング発表し、追ってGSMAがCEOのJohn Hoffman氏の名前でプレスリリースを出した次第です。

「バルセロナとホスト国の安全で健康的な環境に配慮し、GSMAは本日、MWC Barcelona 2020を中止することを決めました。その理由は、コロナウイルスの流行や長距離移動の問題などの世界的な懸念により、GSMAがこのイベントを実施するのが不可能になったためです。」この声明には、バルセロナ市がこの判断を理解していること、2021年のMWCは引き続き計画中であることも書かれています。

COVID-19ではすでに1000人以上の人が亡くなっていて、死者数はSARSのときを超えています。致死率はSARSより低いとはいえ、COVID-19の感染は非常に早く、短期間でより多くの感染が起きています。たとえばシンガポールで感染したたったひとりのイギリス人から、その後彼が過ごしたフランスのリゾート地で別のイギリス人とフランス人、スペイン人総勢10人に感染が広がったという情報もあります。

この状況では、MWC中止はしかたなさそうです。去年のMWCには198カ国から10万9674人が参加していました。つまり今回のMWCもそれくらいの人が来てたと仮定して、そのうちほんの数人でもCOVID-19に感染していたら、MWC開催中とその後にどれだけ広範囲に拡散していたことか…。ただMWCの中止はバルセロナにとっては大打撃で、ロイターによればMWCの地域経済への貢献は5億ドル(約550億円)に及ぶそうです。

とはいえ今は、お金よりもみんなの健康、ですね。それにMWCがなくなっても出展とか発表する中身まで消えるわけじゃなくて、たとえばソニーはMWC会場でのプレスカンファレンスの代わりに、YouTubeのXperia公式チャネルで発表を行なうとしています。みんなでやれば、ちょっとしたバーチャルMWC、ってことになったりして?

Source: GSMATechCrunchBloombergFinancial TimesNHKReutersソニー

    あわせて読みたい

    powered by