おいで〜。人間の後をついてくるロボット掃除機、新型ルーロ「MC-RSF1000」

  • author 小暮ひさのり
おいで〜。人間の後をついてくるロボット掃除機、新型ルーロ「MC-RSF1000」
Image: Panasonic

賢くて、かわゆい。

Panasonic(パナソニック)が、お掃除ロボット「ルーロ」の新モデル、ルーロ「MC-RSF1000」を発表しました。

見た目はおなじみの三角おにぎり型ですけど、今回のモデルは、センサー類と走行性能が大幅強化。これまでよりも、賢く、効率よく、力強く。ルーロ史上最大の進化を遂げています。

マッピング能力と乗り越え能力を大幅強化!

200212ruk01
Image: Panasonic

まず、大きな変更点としてSLAM(マッピング)へのアプローチが、「360°レーザーセンサー」になっています

カメラ式は部屋の形状を「見て」マッピングしているのに対して、こちらはレーザーセンサーで周囲をぐる〜っと「測って」検出しているのがポイント。レーザーは遠くまで届くので、広範囲をすばやく検知でき、障害物も検知します。

また、レーザーは暗闇でもマッピングできるのが強みですね〜。夜でもお掃除できちゃう子です。

200212ruk02
Image: Panasonic

こんなに乗り越えられるロボット掃除機、僕はほかに知りません。

絨毯や段差につまずいて引き返して来ちゃったり、絡まって止まっちゃったり。これはロボットの宿命(さだめ)だと思ってたんだけど、まさかそれを解決するとはね。ルーロは段差をフロント3Dセンサーで検知して、リフトアップして乗り越えるんです。なんと最大2.5cmの段差に対応!

2.5cmって、すごくない? 身近なものに例えると、9.7インチiPadを3枚重ねた厚さ(7.5mm×3=2.25cm)も乗り越えるんですよこれ。うーわ、色んな方面から怒られそうだけど実験したい。

こうして従来モデルよりも、部屋の認識精度が上がり、段差も攻略できたことで、新型ルーロ「MC-RSF1000」はさらに効率よく・正確に、隅々までお掃除できるようになっているんです。

え? 人間の後を着いてくるの?この子

この他にもハウスダストや花粉を検知するクリーンセンサーや、家具や障害物をしっかり避けてくれるところだったり、静音性も従来モデルより上がるなど、ルーロの魅力は多々あるのですが、個人的にめちゃくちゃ刺さったのがこちら

200212ruk03
Image: Panasonic

実質ペットじゃないです?これ?

しっかりとお掃除しつつ、家族で楽しみながら使えそうな新型ルーロ「MC-RSF1000」は3月下旬発売で、価格はオープン。ビックカメラの予約では15万4000円となっています。

多機能な分さすがの価格。でも、愛着が湧きそうな子だと思うんだよなぁ。

Source: Panasonic, ビックカメラ

MC-RSF1000 ほしい?

  • 0
  • 0
Panasonic

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by