最初のロットはたったの12台。木製カウルのスチームパンク風EVバイク「Newron EV-1」

  • 19,603

  • author 岡本玄介
最初のロットはたったの12台。木製カウルのスチームパンク風EVバイク「Newron EV-1」
Image: electrek

最初の生産は12台だけ!

傾いたドラム式タイムマシンに、タイヤがふたつくっついたかのような、奇想天外なスチームパンク風EVバイク「Newron EV-1」が、満を持して予約を開始しました。

時空を超えそうなデザイン

フランス発のこのバイクは、木製の流線的なカウルが目を引く、とんでもなく未来的なデザイン。これが発表されたのは去年の8月のことでした。

極太ドラムは中身がすべてバッテリーであり、バイクを支えるフレームも兼ねています。また片持ちスイングアームに付いたタイヤは、ドライヴ・シャフトで駆動するのですが、EVバイクにはちょっと珍しい方式といわれています。

時速0~100kmまで3秒!

そして今回海外メディアelectrekは、公式サイトで公開された「Newron EV-1」のスペックをキャッチしました。それにより、75kWのPMACエンジン(永久磁石ACモーター)が生み出すのは最高時速220kmで、航続距離が300kmということが判明。しかも停止状態から時速100kmに達するまでたったの3秒という爆速っぷりなので、外見に伴う凄まじさって感じがしますね。

ちなみに、充電時間はレベル3のDC急速充電のおかげで満タンまで40分。車体にはGPS、Bluetooth、Wi-Fi内蔵でスマホのアプリとリンクすることも触れられています。

色が選べてそれぞれ730万円ほど

200225_newron2
Image: Newron Motors

注文ページでは、このように何色かバリエーションが表示されており、色やタンデムシートの有無で6万ユーロ(約728万円)の価格が少し前後するとのこと。最初のロット12台をゲットしたければ、サイトから注文して頭金2,000ユーロ(約24万円)を振り込む必要があります。

カラバリがあっても、木製のカウルにこだわっているのが凄いですよね。それに画像で見た限り、この未来的なデザインと素晴らしくマッチしています。勝手な感想ですが、仮面ライダーでいうと『キバ』のブロンブースターか『龍騎』のドラグランザー(バイクモード)かってなインパクトかな?なんて思います。いや実際ライダーが乗ってても違和感ナシかなと。

もしハーレーダビッドソンのLiveWireと並べたら、注目を浴びるのはどちらでしょう。


Source: Newron Motors via electrek (1, 2), Instagram

Newron EV-1 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい