一輪車ロボットなのに、横移動できちゃう。UCLAが研究中

  • author 岡本玄介
一輪車ロボットなのに、横移動できちゃう。UCLAが研究中
Image: hackster.io

フラフラする姿に思わずハラハラ!

大きな車輪に付随して、90度真横に転がるローラーを持つ「オムニ・ホイール」。これはひとつの車輪で前後と左右にも移動を可能にする、とてもユニークな発明です。そしてUCLAでは現在、この「オムニ・ホイール」の一輪だけで絶妙にバランスを取りながら移動するロボットの研究が行なわれているとhackster.ioが伝えています。

手のひらに立てたモップみたいな動きが掃除の時間を思い出させてくれる

その名は「OmBURo」で、正式名称は「Omnidirectional Balancing Unicycle Robot」といいます。全方向型バランス一輪ロボットということで、確かにすべての方向に小刻みに動きながら、倒れないようがんばっています。

Video: Junjie Shen/YouTube

フラフラしながらも、絶対に倒れず決められた道順に従う「OmBURo」。坂道でも問題ありませんが、見ていると親心が芽生えてハラハラしてきますね。イジワルなのかイタズラなのか、その場でバレエと称してクルクル回転させても耐え切ります。

ふたつのサーボモーター内蔵

「OmBURo」にはふたつのサーボモーターが搭載されています。まずひとつ目は、縦方向に回るメイン・タイヤ用。そしてふたつ目が、横方向に回る小さなローラー用です。ローラーにはすべて動力が備わっているのですが、それらすべては独自に開発された、柔軟性のある4つの螺旋ギアを介してサーボモーターから動力を得ているとのこと。そしてローラーが動き始めるのは、ふたつのサーボモーター間に速度差を検知したときのみなのだそうです。

開発の動機

YouTubeの説明文によりますと、「OmBURo」はもしロボットが人々と共有する狭いスペースで使われるのであれば、そのモビリティーは足跡が小さく、全方向に移動し、高度に操縦可能である必要がある、という考えに基づいているとのこと。ですがそんな条件を備えたロボットはほとんどいないことから、2軸車輪付き倒立振子の原理を使ったこの一輪ロボが考案されたのです。

200205_omburo2
Image: hackster.io

SF世界でたまに見る

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』D-Oやゲーム『ボーダーランズ』のClaptrapなど、SFや創作の世界では一輪ロボットが描かれることがしばしばあります。ですが現実世界では見ませんよね。「OmBURo」にも外装やロボット・アームを取り付ければ、愛着の湧くロボットになることと思います。

「OmBURo」の行く末は?

筆者が考えるのは、縦型のハンディー掃除機と合体させた新たなロボット掃除機ですとか、ラジコン玩具など。いっそのこと二輪にして子供の練習用とか、倒れないバイクに応用してもおもしろそうだと思うんですよね。オムニ・ホイールではないものの、過去にはホンダの「Riding Assist-e」や、無人で走るBMWの自動運転バイクといったものもありましたけども、「俺のバイク、ロボットなんだぜ?」って一回言ってみたくないですか? ほかに何か名案がありましたら、みなさんぜひとも教えてください!

Source: YouTube via hackster.io

    あわせて読みたい

    powered by