0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過

  • 6,998

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 傭兵ペンギン
0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過
Image: MicroSure

たった0.3mmの血管をつなぐことができる外科手術用ロボット「MUSA」の臨床試験が行なわれ、大きな話題となりました。

Natureに掲載された、オランダのマーストリヒト大学医療センターのTom van Mulken氏らの論文によると、MUSAはスーパーマイクロサージャリー(超微小手術)を用いた再建術用のロボット・システムで、0.3mmから0.8mmの太さの血管を吻合を可能なのだとか。

その吻合自体は人間の手では絶対不可能といったようなものではないのですが、とんでもない技量と手先の器用さ、そして忍耐力が求められるもので、このロボット・システムはその精度を補助する位置づけのもののようです。

医師がコントローラーで操作する

その仕組みとしては、医師が鉗子型のコントローラーを使って操作することで、その手の動きを縮小して伝えつつ、手の小さな震えを実際の超微小手術器具には伝えずに手術を可能にするものなのだとか。要するに勝手に手術をしてくれるというわけではなく、パワードスーツみたいな補助装置という感じですね。

臨床試験はこんな感じで行なわれました

そんなMUSAの臨床試験は、試験用にランダムで選ばれた乳がん関連のリンパ浮腫(リンパ液が貯まりむくむ症状。乳がんや子宮がんの手術・治療で起こるもので、その部位が重くなったり関節などが曲げにくくなり生活に支障が出る)の患者20名に対して行なわれました。

試験では普通に人間の手で手術をする受ける方と、ロボットを用いた手術を受ける方に分けて手術を行ない、吻合された血管の状態と手術にかかった時間を比べる形のもの。

結果としては、ロボットを用いて吻合された血管の状態は人間の手で行なったものと見分けがつかない程に良好だったものの、手術時間はロボットを用いた方が34分余計にかかる形に。とはいえ、論文によればこの時間差はそんなに酷いものではなく、操作は非常に覚えやすく、慣れていくことでスピードが上がっていったのだとか。

ともかく、重篤な有害事象(被験者に生じる好ましくない/意図しない疾病)は起こらず、患者の生活の質は向上したとのことで、論文では「スーパーマイクロサージャリーを用いた再建治療用の未来に向けての有望な結果となった」と言われています。

まだまだテストを重ねる必要があるようですが、これが正式に世界で承認されればきっとより多くの患者がその恩恵を受けることができるようになるはず。SF映画のように手術をしてくれるロボットの登場につながるかはわかりませんが、とにかく進化を楽しみにしておきましょう!

Source: Nature, 国立がん研究センター

    あわせて読みたい

    powered by