Slackのアップデート。バグ修正の文面がかわいすぎて密かに楽しみにしてる

  • 14,774

  • author 三浦一紀
Slackのアップデート。バグ修正の文面がかわいすぎて密かに楽しみにしてる
Photo: Shutterstock.com

スッコココ。

チーム内でのコミュニケーションツールとして人気の「Slack(スラック)」。企業で導入しているケースも多いことでしょう。ギズモード・ジャパンでも使わせていただいております。

で、本日SlackのiOSアプリ最新バージョンがリリースされました。はい、アップデートアップデート。

のその前に!

こういうアプリは、アップデートの際にどんな修正がされているのかといったリリース内容の詳細が書かれているのが常なんですが、Slackの場合、そのリリース内容の文面がなんかほっこりするんですよ。今回のはこちら。

0206slackupdate-01
Image: ギズモード・ジャパン

「やかましい環境」

「もしや心霊現象…? ではなくバグでした!」

「あるんです。でも使えなかったんです。でも今は大丈夫です!」

「誰のいたずらかは知りませんが、もうおしまい。」

Slackのアップデートの度に、ここを読むのが僕の楽しみなんですよ。普通に修正項目などを羅列しているよりも親しみやすいですし、内容が伝わる感じがします。

これを書いている方(もしくは英語のリリースを翻訳している方かな?)、かなりの文才だと思います。

あー、次のSlackのアップデートも楽しみだなー。

Source: App Store

    あわせて読みたい