大きなシャボン玉ができる最強レシピ、物理学者たちがついに発表!

  • 6,637

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
大きなシャボン玉ができる最強レシピ、物理学者たちがついに発表!
Gif:Emory University (YouTube)

紙飛行機とシャボン玉は永遠だと思う。

まん丸でオーロラ色に輝きながら、ふわふわと空中を舞うシャボン玉を見て「もっと、もっと!」とはしゃぎたくなるのは子供だけじゃありません。科学的な知識と世の中に出回っているリソースを駆使して、割れにくい巨大なシャボン玉を作る方法を見つけるべく真剣に研究に取り組んだ大人たちがいます。

フランス国立科学研究センターとレンヌ大学の研究者たちが完璧なシャボン玉を作るうえで理想的なサイズ、形、スピードを発表したのは2016年のこと。その2年後には、できるだけ多く、安定したシャボン玉を作るために理想的な吹き口の円部分のサイズは1.5インチ(約3.8センチ)であるといった研究結果が出ました。

それからさらに2年経った現在、エモリー大学の物理学者らによってシャボン玉を作るうえで完璧なレシピが新たな研究論文で発表されました。

Emory University

研究によれば、巨大なシャボン玉を作るための主要成分は、すでに一般の"シャボン玉好きな人たち"によってある程度解明されていたことが示されています。

研究者らが活用したのは、Soap Bubble Wiki というウェブサイト。そこからシャボン玉を作るレシピを参考にして実験室で調査したり、シャボン玉が割れるスピードやパターンを測定したり、レシピを変えるとどう変化するか調べたりしたのだそう。

同サイトで最もポピュラーなシャボン玉のレシピには、グアーとして知られる食品増粘添加剤のポリマーを加えたものや、便秘薬によく使われるポリエチレングリコールを加えたものがあります。こうした材料を混ぜ合わせることでポリマーがよく絡み合い、長く強力な鎖構造が作られて割れにくい大きなシャボン玉ができるのだとか。

さらに研究者らによれば、ポリマー鎖の長さを変えるとより絡み合うようになり、すべての混合物がよく混ざり合うことで確実に大きなシャボン玉を作り出すことができるといいます。

では、最終的に研究者らが発見した完璧なシャボン玉のレシピはどんなものなのでしょうか? 重要なのは精度とのこと。きちんと計量するのをお忘れなく。

材料

・グアーパウダー(小さじ半分)

・消毒用アルコール(大さじ3杯)

・水(2パイント = 約1リットル)

・ベーキングパウダー(小さじ半分)

・洗剤 Dawn Professional Detergent(小さじ3杯)

作り方

1. まずグアーパウダー(小さじ半分)に消毒用アルコール(大さじ3杯)を加えて、ダマがなくなるまで混ぜ合わせます。

2. そこに水2パイント( 約1リットル)を加えて、約10分間静かにかき混ぜます。

3. これを数分間寝かせます。(すると、グアーがよく水を吸収した状態に。)

4. ふたたび静かに混ぜ合わせて、わずかに重みが出たことを確認したらベーキングパウダー(小さじ半分)を加えてかき混ぜます。

5. 最後に洗剤 Dawn Professional Detergent(小さじ3杯)を加えて、泡が出ないよう優しくもう一度だけかき混ぜます。

研究者らによれば、大きくてすぐに割れにくいシャボン玉を作るには繊維質の紐またはロープを使うのが良いとのこと。溶液が簡単に吸収され、薄膜とロープの間が切れ目なく繋がるのだそうです。


作り方はわかったので、あとは実践するのみ。本当に大きくて割れにくいシャボン玉ができるのか…。今度天気が良いのにやることなくてボーッとしそうな週末が来たら、手袋つけてやってみようかしら(ガチやで)。

    あわせて読みたい

    powered by