自撮りヌードは撮影禁止! ティーンエイジャーに持たせたいスマホ「Tone e20」

  • 8,171

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • R.Mitsubori
自撮りヌードは撮影禁止! ティーンエイジャーに持たせたいスマホ「Tone e20」
Image: トーン・モバイル

それだけ自画撮り被害が多いってことか…。

年ごろの子どもにスマホを持たせるのは便利だけど、いろいろ心配ですよね。自画撮り被害とか、リベンジポルノとか、問題になってますし。そんな声にお応えし、iOSやAndroidなどの大手にはない、独自機能を搭載した格安スマホが登場しました!

自撮りヌードをAIが自動感知して未然に防止

トーン・モバイルの新作スマホ「TONE e20」には、自撮りヌード画像の保存や共有を未然に防ぐAIセンサーが内蔵されているんです。 Tone e20(税抜価格1万9800円)は6.2インチのディスプレイをはじめ、プロセッサはHelio P22、OSはAndroid 9.0。13メガピクセルのリアカメラと背面の指紋センサーに、 3,900mAhバッテリーを搭載するなど、スペックはまずまず。でもこのデバイスのいいところは、基本仕様にあらず。とにかくお手頃価格のスマホを探している人や、ティーンエイジャーの「最初の一台」にぴったりなデバイスです。

とはいえ、ガラスの十代。思春期の子どもたちは本人が思うよりずっと未熟で、道に迷うことも多いもの。そんな彼らが世界中の何十億という人と写真を共有できるデバイスを手にしているわけですから、トラブルや犯罪に巻き込まれるのが心配です。そこで役に立つのが、Tone e20のフィルター。端末に搭載されたAI主導の画像認識ツールが不適切な被写体を自動で識別し、撮影不可の状態にしてくれます

nude2
Image: トーン・モバイル

オプションで親バレ機能付き

日本発の海外向けニュースサイトSoraNews24によると、今のところトーンモバイルは「不適切」の定義を明らかにしていませんが、AIが撮影された画像をヌード画像だと判断すると「撮影不可」とアラート通知され、画像が保存されずに消去されるとのこと。

また、スマホの利用者が未成年の場合、端末のフィルター機能を保護者の携帯電話とリンクさせ、子どもが不適切な画像を自画撮りしようとすると、保護者に通知されるというオプションをつけることも可能。 その際は撮影された日時だけでなく、撮影された場所(e20のGPSデータを利用)やサムネイル画像まで送られてくるんだとか(この親バレはきつい…)。

クラウドとの連携はないけれど…

ちなみに、画像識別ツールは端末に搭載されているため、その画像がクラウドなどに保存されることはないそうです。 ただ、これだけで「これで自画撮り問題は解消!」とはいかないでしょう。今は端末のカメラを使わなくても、カメラアプリで撮った写真をスクショすれば、保存もシェアもできてしまいますから。スマホネイティブの若者なら朝飯前でしょう。

とはいえ、はじめてスマホを持つ子どもを守るひとつの手段にはなりそうですね。ちなみに、このフィルター機能はパスワードを入れてオフにすることも可能です。お子さんの前でのパスワード管理はくれぐれも厳重に。分別ある大人も、念のためフィルターをかけておくことをオススメします!

Tone e20 ほしい?

  • 0
  • 0
トーン・モバイル

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by